« NEC PC-8001 その2 | メイン | 写真日記235 »

2017年8月28日

NEC PC-8001 その3

カテゴリー: レトロPC

昨日の続きです。データレコーダーのケーブルの件ですが、昨日とは別のPC-8801の情報サイト(こちら)を参考に作り直したところ、無事ケーブルを挿したまま使えるようになりました。簡単に書けば、2ピンがグランド、4ピンが出力、5ピンが入力ですね。

これまで何回かセーブ/ロードを試しましたが、一度も失敗していません。音声形式はリニアPCMの16bit/44.1kHzですが(CDと同じ)これで十分ですね。ただし、mp3やAACなどの不可逆圧縮の形式はまずいと思います。

余談ですが、PCから出力される音声は、かなり音量が小さいんですね。最初、レコーダーのほうの録音レベルを最大に上げても全然レベルメーターが振れないので何かおかしいのかと思ったのですが、その状態で、ちゃんとロードできました。間違ってオーディオ機器で再生してしまったときのために、あえてそうしてあるのかもしれませんね。他のPCも同じなのでしょうか。これまで気づきませんでした。

録音したカラーバーのプログラムの音声データもアップしておきました。昨日のバグは修正済です。まあ、誰もダウンロードしないと思いますが(笑)

COLORBAR_20170828.WAV (CLOADのパラメータは"colorb")
※ブラウザによってはクリックで再生されてしまうかもしれないので音量に注意!


関連リンク
NEC PC-8001 その4 (2017年09月04日)



コメント

よろしければコメントしてください。

※メールアドレス以外の項目はこのページ上に公開されます。個人情報などの入力にはご注意ください。




保存しますか?


「投稿」ボタンを押してから書き込み完了までに多少時間がかかる場合があります。ご了承ください。