« 写真日記263 | メイン

2019年3月10日

Arturia KeyStep

カテゴリー: DTM/楽器

こたつでモジュラーシンセを弾くために(笑)Arturiaのキーボード・コントローラー、KeyStepを買いました。


ARTURIA シーケンサー機能搭載 キーボード・コントローラー KEYSTEP
この手の小型キーボードはたくさん持っているのですが、このKeyStepはMIDIだけでなく、アナログシンセで一般的なCV/GATE出力が可能な貴重なキーボードで、以前から欲しいと思っていました。しかし、バッテリー駆動できない点が不便そうで、これまで手を出せずにいました。以前にも書きましたが、この製品に限らず、最近の小型キーボードはPCで使うことを前提としたものが多く(USBバスパワーで使うので)バッテリーを搭載できるものはあまりないんですよね。MIDI端子まで搭載しているとなると、ほぼ絶望的です。

そんなわけでモジュラーシンセで使える理想の小型キーボードをずっと夢想していたのですが、先日DoepferからA-183-9 Quad USB Power SupplyというUSB電源モジュールが発売になりました。ここから電源を取ることができれば、コンセントにACアダプター等を繋ぐより遥かに便利です。これで、バッテリー駆動という厳しい条件が必要なくなりました。

Arturia KeyStep & Doepfer A-183-9右の写真に写っているラックのいちばん左にあるのがそのモジュールで、USB端子が4つあります。いちばん上には、試しにUSB照明を繋げてみました(^^;) 普段はミキサーで使用しているものですが、ちゃんと動作しています。

消費電力は接続した機器によるので、ケース(電源)によっては注意が必要だと思います。実際、Doepfer製の電源以外は動作保証はないとのことですが、うちのRackBruteでは、とりあえず問題はなさそうです。元々ユーロラックの電源には5Vが出ているものが多いので(ないものもある)回路は単純だと思います。安全対策を考えなければ、私でも自作できそうです。

ちなみに、このモジュールの発売はTwitterでフォローしているFive Gさんという日本のモジュラーシンセ界隈では有名なお店のツイートで知ったのですが、それを引用する形で「KeyStepで使いたい」みたいなことを書いたら、すぐに試して返信してくれて、気を良くした私がそのまま購入、という流れでした(^^;) 大きなお店では考えられない対応で、良い買い物ができました。

KeyStepのほうも好印象です。まだCV/GATE経由でちょっと演奏してみただけですが、鍵盤のタッチはまあまあですね。スプリング感はあるけど、重めで上質な印象です。MicroBruteの鍵盤とも似た感じですが、あそこまで重くはなく、ストロークも深めで、こちらのほうが断然、弾きやすいです。

タッチ式のピッチベンド/モジュレーションホイールは購入前には懐疑的でしたが、思ったより悪くないですね。場面によってはこちらのほうが便利かもしれません。

ボディは樹脂製ですが(裏は金属かな?)重さもそこそこあり、あまり安っぽさは感じません。あとは経年劣化で白い部分が黄ばんでしまわないことを祈ります。



コメント

よろしければコメントしてください。

※メールアドレス以外の項目はこのページ上に公開されます。個人情報などの入力にはご注意ください。




保存しますか?


「投稿」ボタンを押してから書き込み完了までに多少時間がかかる場合があります。ご了承ください。