« FUJIFILM X100V その2 | メイン | FUJIFILM X100V その3 »

2020年4月25日

写真日記320

カテゴリー: 写真

X100Vのテストがてら近所の河原へ行ってみました。

道の駅やちよ 1 道の駅やちよ 2

FUJIFILM X100V (FUJINON f=23mm 1:2 II)
絞り優先AE (F8, 1/340秒), ISO 160

FUJIFILM X100V (FUJINON f=23mm 1:2 II)
絞り優先AE (F8, 1/220秒, 露出補正 +1.0), ISO 160

今回の写真は全てAdobe LightroomでフィルムシミュレーションのVelviaを選択してRAW現像したものです。これがカメラ内で実行されるシミュレーションと同等のものなのか、それともアドビが独自に作ったものなのかは分かりませんが、ネットで調べた限り再現度はかなり高いようです。しかしVelvia、予想以上に派手ですね(^^;)

右の写真は逆光ですが、久々に真面目に露出補正して撮りました。いつもはRAW現像時に補正すればいいやと思ってカメラまかせなんですが、X100シリーズは、こういう古典的な(?)撮影がしたくなるカメラですね(笑) 水面は露出オーバーになると思ったので+0.7に抑えるべきか迷いましたが、結局+1.0で撮影。同時記録されたJPEGでは完全に白飛びしていましたが、RAWだとなんとか補正できる範囲ですね。

道の駅やちよ 3 道の駅やちよ 4

FUJIFILM X100V (FUJINON f=23mm 1:2 II)
絞り優先AE (F5.6, 1/320秒), ISO 160

FUJIFILM X100V (FUJINON f=23mm 1:2 II)
絞り優先AE (F5.6, 1/340秒), ISO 160

緑も凄く綺麗です。自分で補正するときだったら、これはやりすぎだと控えるレベルの鮮やかさですね。フィルムのVelviaは、ここまでのレベルではなかったように思うのですが、本物はもう高くて手が出しにくいので、これが代わりとなってくれたら嬉しいです。



コメント

よろしければコメントしてください。

※メールアドレス以外の項目はこのページ上に公開されます。個人情報などの入力にはご注意ください。




保存しますか?


「投稿」ボタンを押してから書き込み完了までに多少時間がかかる場合があります。ご了承ください。