« USB切替器を新調 | メイン | 写真日記226 »

2017年5月 3日

Arturia MicroBrute

カテゴリー: DTM/楽器

ふと思い立って、Arturiaのアナログシンセ、MicroBruteを買ってしまいました。


ARTURIA キーボード シンセサイザー MICROBRUTE 25鍵
発売された頃から気になっていて、もうちょっと安ければな〜と、ずっと思っていたのですが、最近なんだか逆に高くなってきていて、更に在庫のある店も目に見えて減ってきたので、思い切って(そういや誕生日だし!)買ってしまいました。もしかすると後継機が出るのかもしれませんね。

鍵盤つきの小さなアナログシンセというと、ちょっと前に発売されたKORGのmonologueが非常に魅力的です。スペックは(まあ単純比較はできないけど)上回っているし、電池駆動ができて、高級感もあり、値段も安いということで、非常に迷いました。

Arturia MicroBruteしかし、このMicroBruteはデザイン的に、これ以上ないってくらいグッと来るんですよね(^^;) この小ささ(A4ファイルサイズくらい?)と、ツマミ類の密集感が素晴らしいです!(^^;) 迷ったらデザインを取るのが私のポリシーなので、あえてこちらを選びました。ちなみに、Arturia製品の日本の代理店はKORGのようですね。どちらにしても儲かるのか!(笑)

音も少しだけ出してみましたが、とりあえず満足いくクオリティです。まあ、事前にネットで調べはついていたので、かなり分かっていましたけどね。

埃まみれにしたくないので、ケースも買いました。SK11 アルミケース AT-12Sです。以前、monotribe用に買ったケースの一回り大きいタイプですね。今回はACアダプタも入れたいので、内部に区切りが作れるタイプを選びました。蓋の裏側にはポケットもあるので、取説類を入れました。あとは、本体の周辺には微妙に隙間があるので、何かで詰め物をしたいですね。


関連リンク
Arturia MicroBrute その後 (2017年05月04日)



コメント

よろしければコメントしてください。

※メールアドレス以外の項目はこのページ上に公開されます。個人情報などの入力にはご注意ください。




保存しますか?


「投稿」ボタンを押してから書き込み完了までに多少時間がかかる場合があります。ご了承ください。