2009年6月16日

オリンパス ペン E-P1

オリンパスからマイクロフォーサーズ規格準拠のレンズ交換式デジタルカメラ、ペン E-P1が発表されました。かつての名機、オリンパス ペンの名を冠した待望の新製品です。パナソニックのマイクロフォーサーズ機は一眼レフ風のデザインでしたが、私はこういうコンパクトなレンズ交換式デジタルカメラを長いこと待ち望んでいました。

仕様を見ると、かなり機能を割り切って小型化を徹底した感じですね。この薄さでレンズ交換式というのは本当に感動的です。私の小さいモノ好きの血が騒ぎます(笑) たぶん光学ファインダーとストロボを省いたのがポイントなんでしょうね。賛否両論ありそうですが、私は良い決断だと思います。金属ボディも美しいです。

機能面にも不満はありません。特に、ボディ内に手ぶれ補正機能が搭載されているのは嬉しいですね。これを省かなかった決断も見事です。メモリカードをSDにしたのも正解だと思います。やっとxDを捨ててくれましたね。

予想価格は、ボディのみ(受注生産)が9万円前後、14-42mm F3.5-5.6のズームレンズ付属のレンズキットが10万円前後、17mm F2.8単焦点レンズ付属のパンケーキキットが11万円前後、両方のレンズが付属したツインレンズキットが13万円前後だそうです。たぶん、安売り店だともう少し下がるでしょうね。

買うならどれにするか迷いますが、単体でレンズを買うとかなり割高になるので、ツインレンズキットが本命でしょうか。でも私は一眼レフを持っているし、このカメラは高級コンパクトというコンセプトで使うことになると思うので、パンケーキキットで良いかなとも思っています。デザイン的にもそれがいちばん似合いますしね(^^;) 7月3日発売だそうです。凄く欲しいです。

コメント (0)

2009年5月21日

PENTAX K-7

ペンタックスからデジタル一眼レフの新製品、K-7が発表されました。現在の最上位機であるK20D以上のスペックをコンパクトな金属ボディに詰め込んだ、待望のフラッグシップ機です。上位機種になればなるほど大型になるのが当たり前という風潮のあるカメラ業界において、ペンタックスはこの手の製品作りがうまいですよね。

コンパクトでも防塵防滴性能や、ファインダー視野率100%など、フラッグシップ機に相応しい仕様だと思います。流行りのHD動画撮影機能も搭載しているようです。

かつての*ist Dシリーズに比べるとまだ少し大きいですが、デザインも良いし、正直かなり欲しいです。でも最近はブログに小物の写真を載せるくらいでほとんど撮影に出かけることもなくなってしまったし、気軽には買えないなぁ。

コメント (0)

2009年4月29日

DP2 良さそう

1週間くらい前にシグマのDP2が発売になったようですね。既にネットにも、購入した人の作品がかなりアップされています。やはり良さそうですね。実売価格は、安い店で6万円くらいでしょうか。正直、かなり欲しいです。

でも、これを買うかどうかは、夏に出るというオリンパスのマイクロフォーサーズ機を見てからですかね。急いで買ってもあまり使わないだろうし(^^;)

コメント (0)

2009年3月25日

LUMIX DMC-GH1

パナソニックからマイクロフォーサーズ規格準拠のデジタルカメラ、LUMIX DMC-GH1が発表になりました。4月24日の発売だそうです。ちょっと前のカメラショーか何かでも展示されていたので、だいたいのスペックは理解していましたが、LUMIX DMC-G1にハイビジョン動画撮影機能を追加したモデルと言って良さそうですね。

マイクロフォーサーズには興味津々なのですが、レンズを含め、なかなかラインナップが盛り上がってきませんね。オリンパスもどうしたんでしょう。早くコンパクトモデルが出てきて欲しいです。不況の影響で、各メーカーとも無理ができなくなっているのかもしれませんが、マイクロフォーサーズはプアマンズ一眼としての可能性もあると思うんですけどねぇ(^^;)

コメント (2)

2009年3月 3日

シグマ DP2 その後

昨年9/23の日記のその後です。シグマのDP2が正式に発表されました。とはいえ、まだ発売日も価格も決まっていないようで、昨年の発表と何が違うのかよく分かりませんが、この感じだと春頃ですかね。価格はDP1と同等だとすれば、6〜7万円くらい? タイミングが合えば、定額給付金を足しにして買うかもしれません(^^;)

とはいえ、最近ぜんぜん写真を撮っていないので、買ってもあまり使わないのは確実です。例えば今日なんか珍しく雪が降っていて、雪景色とか撮りたいなとか思うんですが・・・寒いしなぁ(笑)

コメント (0)

2009年1月22日

マイクロフォーサーズ用FDマウントアダプター その後2

7日の日記のその後です。デジカメWatchに宮本製作所のマウントアダプターのレビュー記事が載りました。予想どおりLUMIX DMC-G1にNew FDレンズは似合いますね! 旧FDはマウント部分がシルバーなのでそうでもありませんが、New FDはまるで純正レンズのようです(^^;)

ただ、FDレンズの外径よりマウントアダプターの外径が少し短い(つまり細い)ようで、そこが少し残念です。見た目だけの問題ですが、面一になっていたほうが美しいと思うんですけどね。なぜ同じにしなかったんでしょう。近代のアダプターはどうなのか非常に気になります。

まあでも、いまG1を買うようなお金があったらVAIO type Pを買うだろうし(笑)当分手にすることはないですね。

コメント (0)

2009年1月 7日

マイクロフォーサーズ用FDマウントアダプター その後

昨年11/19の日記のその後です。宮本製作所のと同じような製品が、近代インターナショナルからも発売されたようです。

価格も同程度なのでどちらを選ぶか迷うところですが、私は近代のM42-ペンタックスマウントアダプター買ったことがあり、品質には概ね満足しいているので、買うならこっちでしょうか。

とはいえ、まずはボディですけどね(^^;) オリンパスはいつになったら製品を出すんだろう・・・。


関連リンク
マイクロフォーサーズ用FDマウントアダプター その後2 (2009年01月22日)

コメント (0)

2008年12月 8日

LUMIX DMC-G1を見た

久々に近所の電気店に行ったので、ついでにパナソニックのLUMIX DMC-G1を見てきました。カタログスペックでは分からない、このカメラの気になる点は主に3つ。どれだけ小さく感じるか、ライブビューファインダー(LVF)の見え具合、そしてコントラストAFのパフォーマンスです。

まずボディサイズですが、手にした限り、従来のフォーサーズ機やAPS-Cサイズのコンパクト機と大きな違いはありませんね。サイズだけでなく、メリットであるはずのボディの薄さも感じませんでした。逆に言えば、従来のデジタル一眼レフの感覚で違和感なく操作できます。

LVFは好印象です。光学式ファインダーと比べても、思ったより違和感がありません。被写体によっては若干モアレが出たりしますが、ボケもよく見えるし、像も大きくて明るいので高級感すら感じます。あとはマクロレンズでの接写時のように被写界深度が浅い条件で、どれだけピント合わせが追い込めるか気になるところです。

コントラストAFも不満はありませんでした。接続されていたレンズは45-200mmの望遠ズームでしたが、一眼レフの位相差AFと比べても遜色ないパフォーマンスだと感じました。これなら不満はありません。

全体的に、発表時の印象に比べて、かなり好感触です。正直、欲しくなったけど、グッとこらえて後続のモデルを待ってみることにします(^^;)

コメント (0)

2008年11月21日

ペンタックス 旧レンズを値上げ

ペンタックスが一眼レフカメラ用の一部のレンズ(FAレンズ、Aレンズ)の値上げをすることになったそうです。主にフィルム時代の古いレンズですが、ちょっと残念ですね。でも製造終了になるよりマシでしょうか。

個人的には31mmや77mmのリミテッドレンズは今でも欲しいと思っているので、値上げ前に買っておくべきなのかもしれません。でも最近は全然写真を撮りに出かけなくなっちゃったし、どう考えても無駄遣いだよなぁ(^^;)

コメント (0)

2008年11月19日

マイクロフォーサーズ用FDマウントアダプター

宮本製作所という会社がマイクロフォーサーズのカメラにキヤノンFDマウントのレンズを付けるためのマウントアダプターを出すそうです。FDマウントは一眼レフ用のレンズマウント規格の中でもフランジバックが非常に短いため、今までこの手のマウントアダプターは一部しかありませんでしたが(近接撮影専用とか補正用レンズを組み込んだもの等)マイクロフォーサーズなら全然問題ないはずなので、実用的な製品となりそうですね。価格は14,700円だそうです。ちょっと高い・・・。

私もNew FDレンズを5本ほど所有しているので、それを生かすためにマイクロフォーサーズのカメラがますます欲しくなりました。FDレンズで使うなら、買うつもりはなかったパナソニックのLUMIX DMC-G1でも良いかもしれません(^^;) 似合いそう。

同時にライカMマウント用のアダプターも出るそうです。更にアダプターをかませばLマウントのレンズも付くし、こっちも面白そうですね。コンパクトボディのマイクロフォーサーズ機が出てきたらベストマッチかもしれません。


関連リンク
マイクロフォーサーズ用FDマウントアダプター その後 (2009年01月07日)

コメント (0)

2008年9月23日

シグマ DP2

シグマからDP1の後継機となるDP2の開発が発表されました。発売日はまだ未定だそうですが、思ったより早い登場ですね。

レンズはDP1の28mm F4から41mm F2.8に変わっているようで、後継機というより併売しても良さそうな仕様ですね。個人的には(以前も書いたけど)単焦点28mmというのは広角すぎるので、このくらいが理想的。明るさF2.8も嬉しいです。あと気になるのは最短撮影距離ですが、このスペックならそれなりにボケそうですね。

DP1と比べるとほとんど不満がないので、状況次第では(?)買ってしまうかもしれません。ただ、これが出る前にマイクロフォーサーズのコンパクト機が出るかな?(^^;)

コメント (0)

2008年9月22日

PENTAX K-m

ペンタックスからデジタル一眼レフの新製品、K-mが発表されました。K200Dの下のモデルとなる入門機だそうですが、随分と変わったネーミングにしましたね。またペンタックスが混迷を始めたように感じてしまったのは気のせいでしょうか?(笑)

機能的には特にコメントするようなものはありませんが、驚いたのは、レンズキットの2本のズームレンズがこのカメラ専用のものということ。どうやら従来のレンズからクイックシフトフォーカスシステムを省いてコストダウンしたようです。やはりこのクラスは安くないと勝負できないんでしょうね。

最近、一時期に比べてペンタックスの話題が少なくなっているような気がします。ユーザーとしてはここらでもう1つ頑張って欲しいですね。

コメント (0)

2008年9月17日

キヤノン EOS 5D Mark II

キヤノンからデジタル一眼レフの新製品、EOS 5D Mark IIが発表されました。フルサイズセンサーを搭載した低価格モデル、EOS 5Dの後継機です。

やっとモデルチェンジされましたね。5Dが出たのっていつでしたっけ。随分と息の長いモデルだったような気がします。Mark IIということで大きな違いはありませんが、画素数がアップして、動画撮影機能を搭載したという感じでしょうか。先日のニコンの新製品もそうですし、動画は今後デジタル一眼レフの標準機能となるかもしれませんね。

価格は30万円前後ということです。基本性能がアップしているとはいえ、5Dが20万円を切る価格で売られていることを考えると、10万円アップとなってしまうのは厳しいですね。そのうち安くなるんでしょうけど、欲しい人は在庫があるうちに5Dを狙うのも手かもしれません。

コメント (0)

2008年9月16日

カールツァイスZEマウントレンズ

現在、ニコンFマウント(ZFマウント)、ペンタックスKマウント(ZKマウント)、M42マウント(ZSマウント)用が発売されている一連のカールツァイスレンズ群に、新たにキヤノンEFマウント(ZEマウント)用が加わるそうです。

マニュアルフォーカス専用レンズということで、今まではMF時代から存在するマウントのみに対応してきましたが、今回のZEは初めてのオートフォーカス専用(?)マウント向けレンズとなります。(レンズ自体はMFのままです) キヤノンなら比較的低価格のフルサイズ機もあるし、面白い存在となりそうですね。

でも、なぜ今このタイミングなんですかね。キヤノンのシェアが高いのは考えるまでもないことだし、出す気があるならもっと早くに出しても良かったように思います。少なくともKマウントなんかより売れそうですよね(^^;) 何か今までは出したくても出せない理由があったのでしょうか。特許がらみかな?

ちなみに私は50mm F1.4を買っただけで息切れしてしまいましたが、本音を言えば一通り揃えたいんですよね。でも買ってもあまり使わないのは確実だし、宝くじでも当たらない限り無理そうです。

コメント (0)

2008年9月12日

LUMIX DMC-G1

パナソニックからマイクロフォーサーズ規格準拠のデジタルカメラ、LUMIX DMC-G1が発表されました。規格の発表から約1ヶ月、早くも製品の登場です。驚きました。目論み通り、ボディはかなり小さくなっているようですね。早く実物が見てみたいです。

ただ、デザインは従来の一眼レフカメラのまんまで、最初に見たときは少しガッカリしました(^^;) もっと新時代を感じさせてくれるような斬新なのを期待していたんですけどね。なんつーか、コンセプトにまったく若さが感じられない!(笑)

また、公式ページなどを見ても、このカメラは「デジタル一眼カメラ」として紹介されていますが、そこにも過去を引きずるニュアンスを感じます。それにこの呼び名は「一眼」と「一眼レフ」の違いをきちんと理解していないユーザーには(ほとんどそうだよね)誤解を与えませんかね。まあ、誤解したからといってどうということはないんでしょうけど、もうデジタルカメラが普及して随分たつんだし、そういう旧態依然とした言葉は捨てても良いんじゃないかなぁ。マイクロフォーサーズはその良い機会だったとも思うし。

まあ、メーカーとしても1号機は無難にまとめたかったということなのかもしれません。近いうちにレンジファインダーカメラのようなスマートなデザインの製品も出てくるでしょう。期待しています。オリンパスの1号機も楽しみです。


関連リンク
LUMIX DMC-G1を見た (2008年12月08日)

コメント (0)

2008年9月11日

SONY α900

ソニーからデジタル一眼レフの新製品、α900が発表されました。待望の(?)35mmフルサイズ撮像素子搭載のフラッグシップモデルです。価格は33万円前後ということです。

フルサイズ機は既にキヤノンやニコンから出ているので、それと比べるとかなり遅れた観はありますが、ソニーの場合、やはりボディ内に手ブレ補正機能があるというのが魅力ですよね。ほぼ全てのレンズで手ブレ補正が効き、かつフルサイズの画角で撮影できるカメラは今のところこれだけですから、やはり価値があると思います。αマウントの中古レンズの相場が高騰しそうですね。ボディも写真で見る限り小さく見えるし、かなり好印象です。ま、私が買うことはないと思いますけどね(^^;)

これでフルサイズ機を出していないのは(初めからデジタル専用マウントを選択したオリンパスは除くとして)ペンタックスだけになりましたが、果たして出すつもりはあるんですかね。個人的にはこのまま出さずにAPS-Cサイズを追求して欲しいと思っているのですが・・・。

コメント (0)

2008年8月27日

Nikon D90

ニコンからデジタル一眼レフの新製品、D90が発表になりました。D80の後継機ということで、2年ぶりのモデルチェンジですね。私が今、ニコンのデジタル一眼レフを買うとすれば(買わないけど)これを選ぶと思います。

特徴はデジタル一眼レフとして初めて動画撮影に対応したこと。コンパクトデジカメではたいていできるので今更という感じですが、レンズ交換が効くということを考えると面白いかもしれません。まあ、私はビデオカメラには全く興味がないんですけどね。


ちなみに昨日、キヤノンからも同じような価格帯の新製品、EOS 50Dが発表になっています。でも最近のキヤノンらしい渋い機種で、目立った点はありません。派手さではニコンの勝ちという感じですね。

コメント (0)

2008年8月 6日

マイクロフォーサーズ

オリンパスと松下電器が新たにマイクロフォーサーズというデジタルカメラ用の交換レンズマウント規格を策定したそうです。もともと小型だった従来のフォーサーズから、更に小さなカメラを作るための新規格だそうで、非常に興味深いです。

特徴は、撮像素子のサイズはそのままに、フランジバック(レンズマウント面から撮像素子までの距離)が従来の1/2になっていること。一眼レフはミラーボックスがある関係で、どうしてもフランジバックを短くできず、コンパクト化が難しいと言われてきました。リリースでも一眼レフシステムではなく、あえて一眼システムと書かれていることから、光学ファインダーのない、おそらくライブビュー専用のカメラで使われることになるのではないでしょうか。(というか、そもそも1/2では一眼レフは無理?)

また、一眼レフのメカや光学系の設計は通常の電機メーカーには難しかったわけですが(ソニーや松下ですら単独ではやらなかった)ライブビュー専用なら多くのメーカーの参入が期待できるかもしれません。

画質面でも、撮像素子は十分に大きいわけですから、通常のコンパクトデジカメにはない、レンズ次第では一眼レフに勝るとも劣らないクオリティとなるでしょう。例えばライカのMマウントのカメラから光学ファインダーを省いて、思いっきり小さくしたようなレンズ交換式デジカメが出てきたら嬉しいですね。小さいもの好きの私にはたまりません(^^;)


関連リンク
LUMIX DMC-G1 (2008年09月12日)

コメント (0)

2008年7月30日

タムロン AF18-270mm F/3.5-6.3

タムロンからAPS-Cサイズ撮像素子搭載デジタル一眼レフ用の高倍率ズーム、AF18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC LD Aspherical [IF] MACROが発表になりました。いやあ、200が250になって、今度は270ですか! 凄い進化ですが、そこまで必要なんでしょうか?(^^;)

でもまあ、私も18-250mmを買ったわけですが、なんだかんだ言って望遠端の250mmを使うことも少なくないので、270mmもあればあったで使うんでしょうね。ただ、200から250への進化ではレンズ本体の大きさや重さはほとんど変わらなかったけど、今回はさすがに増えているようです。フィルター径も10mmアップの72mmです。

あと気になるのは、まだキヤノン用とニコン用しか予定されていないこと。この手の高倍率ズームは売れ筋なのか、ソニー(旧コニカミノルタ)用やペンタックス用も同時に発表されることが多いのですが、今回はどうしたんですかね。やはりあまり売れないと読んでるのかな。

また、ニコン用はボディ内モーター駆動専用だそうなので、最近のエントリー機ではAFが効かなくなります。18-250mmでは対応できたんだから、こっちもできなかったんですかね。

コメント (0)

2008年7月 7日

SONY α300

ソニーからデジタル一眼レフの新製品、α300が発表されました。α200α350の間に来るモデルで、簡単に言うと350の撮像素子を1020万画素に落としたものという感じですね。海外では以前から売られていたそうです。

可動式の液晶も350譲りですが、私はソニーのこのギミックはあまり好きではありません。店でいじったら動かしにくかったし、何より見た目が無骨でスッキリ感がないのが残念。せっかくのコンパクトボディが台無しです。まあ、選択肢が多いのは良いと思いますが、私がソニーのこの3機種の中で選ぶなら、やはり200ですね。めちゃめちゃ安いし。

コメント (0)

ページ: << < 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14 >>