2010年11月16日

オリンパス PEN Lite E-PL1s

オリンパスからマイクロフォーサーズ規格準拠のレンズ交換式デジタルカメラの新製品、PEN Lite E-PL1sが発表されました。PEN Lite E-PL1の後継機ですね。スペック的にはほとんど変わっていませんが、高感度性能などが若干アップしているようです。

E-PL1は安かったのでそれなりに売れたようですが、クラシカルなコンセプトのE-P2に後継機は出ないんですかね。金属ボディの渋いのが好みだなぁ(^^;)

コメント (0)

2010年11月 4日

LUMIX DMC-GF2

パナソニックからマイクロフォーサーズ規格準拠のデジタルカメラ、LUMIX DMC-GF2が発表になったようです。公式の情報はまだ海外のサイトにしかありませんが、LUMIX DMC-GF1の後継機ですね。GF1は私も所有しているわけですが、ついに旧機種となってしまいました。とはいえ、もっと早く出ると思っていたので、随分と時間がかかったなという印象です。

機能的にはそれほど興味を引かれる変更点はありませんが、ボディが全体的に小さくなって、見た目も更に格好良くなりましたね。さすがに買い換えるつもりはないけど、かなり魅力的なカメラです。

レンズキットは14mmレンズになるようですが(日本仕様も同じかどうかは不明)個人的には20mmを推したいですけどね。別に買うと高いので、どちらも選べるようにしたほうが良いんじゃないかと思います。


関連リンク
LUMIX DMC-GF2 国内発表 (2010年11月18日)

コメント (0)

2010年10月15日

PENTAX K-5 発売

ペンタックスのK-5が本日、無事に発売されたようです。


PENTAX K-5 18-55レンズキット
思ったより早かったですね。気になる価格は、安い店で12万円台半ば(ボディのみ)というところでしょうか。やはり最初は高いですね。

旧機種となったK-7のほうもまだ買えるようで、安い店では6万円台前半で売られています。ほぼ半額ですね。買うなら今しかありませんが、やっぱり無駄遣いだよなぁ(^^;)

ちなみに私が今のK10DからK-7やK-5に買い換えたい理由は主に2つです。1つはボディの小ささ。金属ボディも魅力です。もう1つは、高感度性能の高さですね。

となると、K-5はK-7に対してもかなり高感度性能が進化しているようですから、慌てて買わずに、このままK-5が安くなるのを待つのも良いかもしれませんね。でも、そうやっているといつまでたっても買い換えられないのが、この世界の常ですが(笑)

コメント (0)

2010年10月14日

バッテリ駆動可能なデジタルフォトフレーム

早くから注目しているのに、いまだに手が出せない物の中に、デジタルフォトフレームがあります。その理由はやはり、なかなか期待に応えてくれるスペックの製品が出てこないからに他なりません。

私がデジタルフォトフレームに求めるのはズバリ、薄型でバッテリー駆動ができること。ケーブルレスでクールに壁掛けしたいのです(^^;) このバッテリー駆動という条件はかなり厳しいようで、ほとんど製品が出ていません。そんな中、デジタルフォトフレーム大手(?)のソニーから、ついにバッテリー駆動可能な製品、DPF-D830が登場するようです。

残念ながらサイズは少し小さく、バッテリーの持ちも100分と常用にはほど遠いスペックですが、今はただただ、製品化してくれたことを褒め称えたいと思います。実売価格は2万円程度のようです。


関係ないけど、先日iPadに壁紙用の写真をいくつか入れたのですが、そうしたらロック中の画面に新たなボタンが表示されるようになりました。押すとピクチャフレームモードという、写真のスライドショーを行うモードになります。これって、まんまデジタルフォトフレームですよね。バッテリー駆動も可能だし本体も極薄、思わず壁掛けしたくなります。(取り付け方法がないけど(^^;) ) このモードで、バッテリーはどのくらい持つんですかね?

コメント (0)

2010年9月27日

カールツァイスZKマウントレンズ 生産終了

コシナが製造販売している一眼レフ用のカールツァイス・レンズのうち、ペンタックス用(ZKマウント)のみ生産が終了されることになったようです。(詳細はデジカメWATCHの記事を参照) ちょっと残念ですね。ZKマウントが発表されたときは私も狂喜乱舞したものですが、結局Planar 50mm1本しか買うことはありませんでした。というか、こんなにたくさんシリーズ化されても高くて買えません(^^;)

この最後の機会にもう1本だけ何か買おうかと思ったのですが、50mm以外は更に高いんですよね。単純に欲しいものはと考えれば、Planar 85mmDistagon 28mmDistagon 35mmMakro Planar 50mmあたりになるでしょうか。この中からペンタックスブランドで所有しているレンズとダブらない焦点距離となると、85mmかマクロかな。そのうち価値が出そうな気もするし、思い切って行っとくか?(^^;)


関連リンク
Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25 ZK (2020年03月17日)

コメント (0)

2010年9月21日

LUMIX DMC-GH2

パナソニックからマイクロフォーサーズ規格準拠のデジタルカメラ、LUMIX DMC-GH2が発表になりました。LUMIX DMC-GH1の後継機ですね。高いので買うことはないと思いますが、こちらも順当な進化を遂げているようです。

同時にレンズが数本発表になっています。個人的に気になるのは、LUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.ですね。既存の(私も持っている)標準レンズ、LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.と対になるような広角レンズで、正直かなり欲しいです。値段も手頃なので(20mmより安いので3万円くらいになる?)そのうち買っちゃいそうです。

コメント (0)

PENTAX K-5

ペンタックスからデジタル一眼レフの新製品、K-5が発表されました。K-7の後継機となるようです。それほど大きくは変わっていませんが、高感度性能の強化など、順当な進化ですね。

K-7は今でも欲しいんですが、このタイミングなら在庫処分で安い出物があるかもしれませんね。でも、それでも高いかなぁ。ちなみに今はボディのみ7万円くらいですから、安くなっても5〜6万くらいでしょうか。う〜ん、たぶん無理だな(^^;)

コメント (0)

2010年9月20日

FinePix X100

富士フイルムからFinePix X100という、APS-Cサイズの撮像素子を搭載したコンパクトデジタルカメラが海外で発表されたようです。レンズ交換式ではありませんが、大きな撮像素子、そして23mm(35mm判換算35mm程度) F2というハイスペックのレンズを搭載しているということで、なかなか興味深いです。デザインも非常にクラシカルでグッと来ます。パッと見、これはデジタルカメラには見えませんね(^^;)

マイクロフォーサーズやソニーのEマウント機の登場で、この手のカメラはもう厳しいんじゃないかとも思いますが、私もマイクロフォーサーズ機を買ったはいいけど、いまだにパンケーキレンズ1本だけしか持っていません。交換できるに越したことはないと思っていましたが、一眼レフを別に持っているなら、案外レンズ交換は不要なのかなという気もし始めています。

同様のカメラにはライカのX1がありますが(名前も似てますね)趣味のカメラとしては、このくらいの割り切りが良いのかもしれませんね。

コメント (0)

2010年8月24日

SONY α55 / α33

ソニーから電子ビューファインダーを搭載したレンズ交換式デジタル一眼カメラ、α55α33が発表になりました。従来の一眼レフのマウントのまま光学ファインダーを廃止したカメラというのは初めてでしょうか? そのおかげで小型化もされているようで、ちょっと興味を引かれます。55と33の違いは画素数とGPSの有無、連射速度などだそうです。

気になるのは、位相差AFを実現するために、撮像素子の前に半透明のミラーがあるという設計です。このミラーは駆動しないそうなので、撮影時もこのミラーを通して入った光を記録することになるのだと思いますが、なんだか画質に影響しそうな嫌なイメージがありますね。まあ、ソニーがやるんだから問題ないのだとは思いますが、古い人間としては感覚的にちょっと抵抗感があります(^^;)

また、ソニーとしてはこのカメラをミラーレス専用のEマウントのカメラとして出すことも可能だったと思うので、なぜαマウントにしたのかも興味深いですね。やはりレンズ資産の多さでしょうか。

コメント (0)

2010年7月 5日

SONY NEX-5/NEX-3を見た

近所の電気店でソニーのNEX-5NEX-3を初めて見ました。NEX-5は噂どおり小さいですね。ただ、やはりレンズがデカい(^^;) このボディに合う小型のレンズ(今のより2まわりくらい小さいサイズ)だったらと思わずにはいられません。

NEX-3のほうは5に比べるとバランスの良い大きさで、ボディも思ったより高級感がありました。でもNEX-5同様、あの大きなグリップが気になります。どうしてもオリンパスやパナソニックのマイクロフォーサーズ機みたいには食指が動きませんね。

なんていうか、このクラスのカメラは写真愛好家がターゲットなんでしょうけど、そういう人達って(私も含めて)カメラのデザインにはかなり保守的だと思うんですよね。逆にクラシカルなデザインだと喜んじゃうくらいで(^^;) そういう意味で、ソニーが今後もこのデザイン路線を貫くのかどうか非常に興味深いです。

コメント (0)

2010年7月 1日

CRUMPLER ショルダーパッド

2007年5月9日の日記のその後です。3年以上たってしまいましたが、CRUMPLERのカメラバッグのショルダーパッドを購入しました。

CRUMPLER 5 MILLION DOLLAR HOME一眼レフを持ち出す機会が減って、この件もずっと放置していたのですが、最近、仕事でお世話になっている会社(銀座にある)の近所にCRUMPLERの直営店があることを知りました。今日、帰りに寄って訊いてみたところ、パッドだけ売っているとのことで早速購入してきました。

値段は2,600円くらいしてちょっと高いと思ったけど(バッグ本体は8〜9千円くらいだった)使い勝手だけでなく見た目も少し豪華になったので良しとしましょう(^^;)

ちなみに私の買ったこの色(ダークブラウン)は既に生産中止になっているようです。そのうちパッドも買えなくなると思うので、そういう意味でも、買えるうちに買っておいて正解ですね。

コメント (0)

2010年6月 4日

LUMIX G FISHEYE 8mm / F3.5

パナソニックからマイクロフォーサーズ規格準拠の魚眼レンズ、LUMIX G FISHEYE 8mm / F3.5が発表されました。マイクロフォーサーズ用としては初めての魚眼レンズです。

魚眼での撮影は意外と面白いので興味はあるのですが、このレンズはかなり良い値段なので簡単には手が出せませんね。なぜこんなに高くなってしまったのでしょう。

なお、今まで海外発表のみだったLUMIX DMC-G10も国内販売されることになったようです。個人的に可動式モニタは興味ないし、やはりこういった安いモデルも必要ですよね。

コメント (0)

2010年5月11日

SONY NEX-5/NEX-3

ソニーから、新たなレンズ交換式コンパクトデジタルカメラシリーズの新製品、NEX-5およびNEX-3が発表されました。オリンパス/パナソニックのマイクロフォーサーズ規格と競合するような製品で、以前発表されたものですね。思ったより早い登場でした。マウント規格はEマウントと名付けられたようです。

驚いたのは、撮像素子がフォーサーズより大きいにも関わらず、ボディがかなり薄いこと。フランジバックは18mmだそうで、約20mmと言われているマイクロフォーサーズより短いんですね。

ただ、今回の2機種に関しては、デザイン的にはちょっと微妙な印象です。パッと見て欲しいと思えませんでした。やはり、グリップの部分が異様に大きいのが気になりますね。あそこにバッテリーが入っているのかもしれませんが、もう少しなんとかならなかったのでしょうか。でも手ブレ補正をボディ内蔵にするのも断念したようですから、これでも小型化を優先したんでしょうね。

また、同時に3本のレンズが発表されましたが、標準域の単焦点レンズがないのが残念です。16mm F2.8は薄さは良いけどちょっと大きすぎるし(NEX-5のボディからはみ出してる)28〜35mmクラスの小型のパンケーキレンズも出すべきだと思います。他のレンズも大きいし、レンズの小型化に関しては、マイクロフォーサーズのほうが有利なのかもしれませんね。

コメント (2)

2010年4月22日

K10D ファームウェア 1.31

我が愛機、ペンタックス K10Dファームウェア 1.31がリリースされました。マイナーな不具合修正のみのようですが、次に充電した後にでも(ACアダプターがないのでフル充電時じゃないと恐い)アップデートしておきたいと思います。

同時に、K200DK20DK-mのファームウェアもアップデートされているようです。製造終了から何年もたっている製品でも、こうやってサポートしてくれるというのはありがたいですね。

コメント (0)

2010年4月15日

オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

オリンパスからマイクロフォーサーズ規格の超広角ズーム、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6が発表になりました。レンズ自体は以前から発売が予定されていたものですが、4月23日の発売が正式に決まったようです。価格は74,550円。このレンズ、以前から気になっていましたが、実売いくらくらいになるんでしょうね。

超広角ズームはパナソニックにもLUMIX G VARIO 7-14mm / F4.0 ASPH.という製品があるけど、こちらは大きくて重くて高いという三重苦で、とてもマイクロフォーサーズ機で(特に私の持っているGF1で)使おうという気にはなれません。そういう意味でも、オリンパスのこのレンズは楽しみですね。ちょっと欲しいかも。

思えば最近GF1で全く写真を撮っていませんが、鞄を持ってでかける時はたいてい持ち歩いています。でもやはり、20mmレンズ1本では寂しいですね(^^;) でも買うならまずはマクロかなぁ。

コメント (0)

2010年4月10日

A4サイズの額を追加購入

4年半ほど前にA4サイズの額(フォトフレーム)を2つほど買って、自分で撮影した写真を廊下と仕事部屋に飾っているのですが、自室にも欲しくなって、もう1つ購入しました。

今度は、DNPフォトルシオという会社のルック・マイルドIIにしました。どうやらここはコニカミノルタからフォト事業を譲り受けた会社で、以前私が購入したものの後継商品のようです。色は黒にしたので印象はかなり違いますが、半光沢のアルミの質感がとても良いです。

本当はデジタル・フォトフレームも気になっているのですが、なかなか理想の製品が出てこないんですよね。特に、バッテリー駆動のものが出てきてくれないと、壁には飾れません。そろそろどこかが出してくれないかなぁ。

コメント (2)

2010年3月 9日

LUMIX DMC-G2

パナソニックからマイクロフォーサーズ規格準拠のデジタルカメラ、LUMIX DMC-G2が発表になりました。DMC-G1の後継機のようです。G1のあとにはDMC-GH1が出ていますが、そちらはフルHD動画撮影ができるモデルということで別路線になるようです。

G1からの大きな変更点はありませんが、目立つのは動画撮影機能(フルHDではない)と、タッチパネル式の液晶モニタを搭載したことくらいでしょうか。個人的にはどちらもあまり興味はありません(^^;)

なお、海外では廉価版のDMC-G10というモデルも発表になっているようです。値段次第ではこちらのほうが興味あるのですが、日本では売らないんですかね。

コメント (0)

2010年3月 2日

GF1張り革キット

近代インターナショナルからGF1張り革キットなるものが発売されました。最近、この手の製品をよく見かけますが、GF1用は初めてでしょうか? 意外と似合うので驚いています。どちらかというとGF1は現代的なデザインのカメラだと思ってたけど、これを貼っただけで随分とクラシカルになるものですね。

なおこのキット、質感の違う2種類があるようだけど、できれば両方とも写真を載せて欲しいですね。欲をいえば裏側(モニタ側)も。ほとんど見た目重視100%な商品なんだから、カタログ写真は大切です。

コメント (0)

2010年2月23日

PENTAX K-7 Limited Silver

ペンタックスがK-7のシルバーモデル、K-7 Limited Silverを出すそうです。限定1,000台だそうで、これは売り切れ必至ですね。

K-7は欲しいと思いつつなかなか手が出せませんが、このシルバーモデル、凄く良いですね。私も持っているかつての名機(?)、*ist DSの配色に似ていて、かなり好みです。買う気があるなら、どう考えてもこの機会だよなぁ(^^;)

コメント (0)

2010年2月22日

ソニーからもレンズ交換式コンパクト機

ソニーがレンズ交換式のコンパクトデジカメを開発しているそうです。マイクロフォーサーズのようなコンセプトのカメラだと思いますが、撮像素子はAPS-Cサイズだそうで、画質面では少し有利ですね。アスペクト比も3:2になるだろうし、ソニーならレンズラインナップも(カール・ツァイス製など)期待できるので、ちょっと楽しみです。

不安なのは、フォーサーズに比べて撮像素子が大きい分、ボディの小型化が難しいんじゃないかという部分ですね。画質は理論上有利とはいえ大きな差はないはずなので、そこで負けてしまうと意味がありません。ソニーの技術でなんとか魅力的なデザインにまとめて欲しいですね。


関連リンク
SONY NEX-5/NEX-3 (2010年05月11日)

コメント (0)

ページ: << < 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 >>