2013年6月23日

PENTAX K-50

ちょっと前になりますが、ペンタックスからデジタル一眼レフの新製品、K-50が発表されました。報道ではエントリーモデルということだったのでスルーしてしまいましたが、今月発売の写真誌のレビュー記事などを読んでみると、なかななかどうして本格的なカメラじゃないですか。K-30と同等ですね。

例えば視野率100%のペンタプリズムファインダー、防塵防滴性能など、普通なら中〜上級機にしかないようなスペックが、てんこ盛りです。電子ダイヤルも前後2つあるし、唯一、軍艦部に液晶がないことを除けば、エントリーモデルには全く見えません。

個人的にも、これならK10Dから買い換えるモデルとして悪くない選択肢ですね。果たして、いくらくらいになるのでしょうか。

コメント (0)

2013年6月13日

PENTAX Q7

ペンタックスからミラーレス一眼の新製品、Q7が発表されました。このシリーズにあまり興味はないのですが、今回のモデルには驚くべき変更点があります。撮像素子がこれまでの1/2.3型から1/1.7型に大型化しているのです。

コンパクトデジカメならともかく、レンズ交換式のカメラにとってこの変更は、とてつもなく大きな決断だと思います。従来のレンズが使用できなくなる可能性がありますからね。過去にもこういう例はあまり聞いたことがありません。

実際、私も最初にニュースを見たときは、元々このQマウントのレンズは大きめのイメージサークルで設計していたに違いないと思いました。しかし、どうやらそうではないようです。一部のレンズは対応しているものの、それ以外は自動的にトリミングされるとのこと。対応しているレンズも、周辺光量の低下とか、大丈夫なんですかね? いやあ、大胆なことしますね、ペンタックス。

とはいえ、私はあまり評価しません。大きくなったとはいえ、こんなの焼け石に水です。1/2.3型のまま突っ走るか、潔く失策を認めて新マウントを作ったほうが良かったのではないかと思います。

コメント (0)

2013年5月18日

SONY DSC-RX100 その後2

3/19の日記のその後です。DSC-RX100を購入して2ヶ月ほどたちました。このカメラ、操作系をいろいろとカスタマイズできるのですが、なかなかこれだという設定が見つけられず、ずっと試行錯誤していました。最近やっと固まってきたので、それについて書いておきたいと思います。

まず、レンズまわりにあるコントロールリングには、ズームを割り当てました。このリングは購入前から期待していたのですが、思ったより使えませんね。消去法でズームです(^^;) 私は絞り優先(Aモード)で撮影することが多いので、最初は露出補正を割り当てていたのですが、このリング、かなりたくさん回さないと設定が変わらないんです。クリック感のないリングなので、1つずつ値を動かすような操作には向いていませんね。逆にズームは、通常のズームレバーだと速く動きすぎるので、このリングと併用することにしました。

次にボディ背面にあるコントロールホイールですが、ここはほぼデフォルトのまま使うことにしました。使用するのは主に露出補正と、たまにストロボの設定くらいですが、問題なく使えそうです。一眼レフなんかに比べると、設定を戻し忘れしがちですけどね(^^;) 中央ボタンの追尾フォーカスは凄く便利ですね。

DISPボタンで切り替えられるモニター表示の設定は、普段ヒストグラムにして使っています。常にライブビューで撮影するカメラなので、ここに出ていると思ったより露出補正しやすいですね。ここだけは今の一眼レフ(ライブビューはない)より便利だなと思いました。

Fnボタンには、画質、スタイル、横縦比の順で設定しました。押すたび、これらの設定が呼び出せます。画質はJPEGとRAWの切り替え、スタイルはデフォルトのスタンダードだけでなく、風景や夕景、白黒なんかも積極的に使ってみたいです。横縦比も普段は3:2ですが、縦位置の写真は4:3も安定感があるので、機会があれば使ってみたいです。

中上級者向けのカメラということで、かなりカスタマイズが可能ですが、コントロールリングの使い勝手だけはちょっと残念ですね。クリック感のあるリングのほうが使いやすかったように思います。

コメント (0)

2013年5月10日

オリンパス PEN E-P5/E-PL6

オリンパスからマイクロフォーサーズ規格準拠のミラーレス一眼、PEN E-P5およびLite E-PL6が発表になりました。それぞれE-P3E-PL5の後継機ですね。

E-P5は2年ぶりのモデルチェンジということで、久しぶりですね。一方、PL5と同時期の発売だったPM-2の後継機は発表されませんでした。もう出ないんでしょうか。実際、ラインナップ3つは多すぎですね。

E-P5のほうは、シルバーモデルがかなりクラシカルな雰囲気になって好印象ですが、正直もうミラーレスはお腹いっぱいという感じです(^^;) そろそろ、何か新しい驚きみたいなものが欲しいですね。

コメント (0)

2013年4月25日

Nikon COOLPIX A を見た

有楽町のビックカメラに寄ったらニコンのCOOLPIX Aが展示してあったので、少しいじってきました。


Nikon デジタルカメラ COOLPIX (クールピクス) ABK ブラック
まず、ボディが軽くて驚きました。サイズは思ったより大きいですが、似たようなスペックのカメラであるフジのX100Sなんかと比べると、かなり違いますね。光学ファインダーがないせいでしょうか。質感もネットで写真を見たときよりは好印象でした。

レンズは小ぶりで、電源オン/オフ時の伸縮も素早いです。私のRX100は沈胴の距離が長いせいか、ちょっと遅いんですよね。しかし、このサイズで作れるなら、やはりズームレンズを搭載したモデルも(他社でも良いから)出して欲しいですね。

コメント (0)

2013年4月24日

LUMIX DMC-G6

パナソニックの新しいミラーレス一眼、LUMIX DMC-G6が海外で発表されたようです。DMC-G5の後継機ですね。

コンパクトとは違う、この一眼レフスタイルのマイクロフォーサーズ機は、オリンパスからはあまり製品が出ませんが(OM-Dはちょっとコンセプトが違う気がするし)パナソニックは頑張っていますね。F2.8の大口径ズームレンズも発売されているので、一眼レフのかわりとしても悪くない選択肢だと思います。

コメント (0)

2013年4月23日

Nikon D5200 を試用

先週くらいから、仕事でニコンのデジタル一眼レフ、D5200を借りています。守秘義務もあるので詳しくは書けませんが、PCからカメラをコントロールするソフトを作っています。


Nikon デジタル一眼レフカメラ D5200 ブラック D5200BK
動作確認がてら色々といじってみたので、ひとりの写真ファンとして、最新の一眼レフを使ってみた感想を書いてみたいと思います。

このカメラ、現行のニコンのデジタル一眼レフの中では下から2番目の機種になるのでしょうか。エントリーモデルにバリアングル液晶を搭載したモデルという感じですね。バリアングル液晶をいじるのは初めてですが、横に開いて回転もできるこのタイプは凄くクールですね。使わないとき液晶のある側を内側にしておけるのも傷防止になって良いです。これなら保護フィルムの類は必要ないかもしれません。

一眼レフのライブビューも私は初体験ですが、コンパクトデジカメと同等の使い勝手ですね。ただ、ライブビュー中は常にミラーアップしているので、なんとなく不安です(^^;)

ボディは小さくて軽くて良いのですが、カメラの右上に液晶がありません。まあ、入門機では普通ですが、私は長らくこういう一眼レフを使ったことがないので、ちょっと戸惑います。メインの液晶には派手なグラフィックで情報が表示されるのですが、慣れていないせいか、どうしても右上を見てしまいます。

借り物なので外に持ち出して撮影するつもりはありませんが、2400万画素ということで、画質はかなり良いようです。今時のカメラらしく高感度性能が高いのも羨ましいですね。

レンズキットのAF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRもボディ同様コンパクトですが、これでも手ブレ補正レンズなんですね。見た目も安っぽさがなく、思ったより好印象です。

光学ファインダーはミラー式ということで、おそらく自分で買うことは絶対にないであろう低価格帯の一眼レフですが、それでも最新のカメラをいじっているとワクワクしますね。やはり一眼レフは良いなぁ。うちのK10Dは、もう6年近くになるし、買い換えたくなってしまいました(^^;)

コメント (0)

2013年4月17日

ペンタックスリコー GR

リコー改めペンタックスリコーから、APS-Cサイズ撮像素子を搭載した高級コンパクトデジカメ、GRが発表されました。GR DIGITAL IVの後継機ですが、内容は大きく変わりました。ついに待望の(?)大型撮像素子を搭載し、名実ともに高級コンパクトと呼ぶに相応しいカメラに生まれ変わったように思います。今まではレンズだけが優秀な名ばかりの高級コンパクトだった・・・といったら言いすぎかもしれませんが、フィルム時代からのブランドイメージで過大評価されているように感じていました。

ニコンのCOOLPIX Aといい、この手のコンセプトのカメラが増えてきましたね。あとは、やはりズームレンズを搭載した機種が少ないのが残念です。私のDSC-RX100を脅かすようなカメラの登場を期待します(^^;)

コメント (0)

2013年4月10日

LUMIX DMC-GF6

パナソニックからマイクロフォーサーズ規格準拠のミラーレス一眼、LUMIX DMC-GF6が発表になりました。GF5の後継機かと思いきや、併売されるそうです。GF6には電子ダイヤルもあるし、1つ上位機種なんですね。

正直、画質面で満足できるコンデジを手に入れてしまったせいか、もうミラーレスへの興味が薄らいでいます。今回のこのカメラもあまり魅力を感じません。デザイン的にも、だんだん安っぽくなっているように思います。GX1の後継機も出てこないし、ミラーレスは安くないともうダメなのかもしれませんね。

コメント (4)

2013年4月 4日

ゴリラポッド 再購入

一昨年の10月に購入したゴリラポッドを、また買いました。2つめです。


JOBY ゴリラポッド イエロー
以前のは車載マウンターで雲台を使うため壊してしまったのですが、先日コンパクトデジカメを買って、また欲しくなりました。軽いので、鞄に入れておきたいと思います。

ゴリラポッドはバリエーションが何種類かありますが、悩んだ挙句、けっきょく以前のと同じオリジナルを買いました。コンデジにはやっぱりこれですね。

色は、今度は黄色にしました。最初はカメラのストラップやケースに合わせて緑にしようかと思っていたのですが、残念ながら在庫がありませんでした。まあ、最近の私は黄色がお気に入りカラーなので、良しとしましょう(^^;)

コメント (0)

2013年4月 1日

画彩 写真仕上げ 光沢プレミアム その後

一昨年6/10の日記のその後です。あれから2年たちませんが、200枚の写真用紙がもうなくなりました。それまで50枚/年くらいのペースで消費していたので、一気に倍増です。確かにここ1〜2年はだいぶ撮りましたからね。更に、その1年前にプリンタを新しくしているのも理由の1つかもしれません。

ということで、今回も同じ用紙を買いました。400枚入とかもあったけど、1年も持てば十分なので200枚入にしました。


関連リンク
画彩 写真仕上げ 光沢プレミアム その後2 (2014年05月13日)

コメント (0)

2013年3月27日

リチャードフラニエック カスタムグリップ

先日購入したソニーのDSC-RX100はボディ右手側にグリップがなく、他のカメラと比べて持ちにくいという欠点があります。デザイン的にはスッキリしていて良いのでこれでOKと思っていたのですが、重さがあるせいか、やはり想像以上に持ちにくいです。ボディケースを付けたり市販の革張りキット等を利用すれば多少は改善されるのかもしれませんが、この金属感のあるボディを隠してしまうのは残念です。

リチャードフラニエック カスタムグリップそこで、リチャードフラニエック SONY DSC-RX100専用カスタムグリップというのを買ってみました。このカメラ専用にデザインされたアルミ削り出しのグリップで、わりと定番になっているようです。少々お高いのと、コンパクトカメラ用にはデザインが大げさすぎる気もして迷ったのですが、高級感もあるので奮発してみました。

使い勝手は最高ですね。これなら右手だけで撮影しても全く不安はありません。ケースからの出し入れもしやすくなりました。固定は両面テープですが、おそらく強力なものなのでしょう、剥がれることはないと思います。ただ、質感はボディと同じで違和感ないのですが、色味がほんの少し赤いのが気になりました。とはいえ、純正ではないので、全く同じ色に塗装するのは難しいのでしょうね。

ちなみに、コンパクトカメラのグリップとしては、ちょっと前までのパナソニックのカメラが見た目と持ちやすさが両立できていて良いんですよね。私が所有しているDMC-GF1もそうですが、こういう控え目な形状の後付グリップがあっても良いかもしれません。

コメント (0)

2013年3月19日

SONY DSC-RX100 その後

昨日の続きです。いくつかアクセサリーも購入しました。

SONY DSC-RX100まずストラップですが、これは以前から持っていたRastaBananaのノーマルハンドストラップです。色はカーキ。

ストラップは本体にも付属していたのですが、黒くて面白味がないし、サイズも少し大きめだったので、ケータイ用のこれにしました。実はもう何本も持っている程のお気に入りです(^^;)

ケースも購入しました。このカメラはかろうじてワイシャツのポケットにも入るサイズですが、それなりに重みがあるので(それに高価なので!)普段はケースに入れてベルト等に取り付けるか、鞄に入れて使うつもりです。

ピクスギア IP2 カメラケース Mネットで調べたところ、ハクバのピクスギア IP2 カメラケース Mがちょうど良いサイズだということで、これにしました。安いし、蓋が磁石で固定されるところが良いですね。よくある面ファスナー(ベルクロとかマジックテープとか)式より使い勝手が良さそうです。色はオリーブドラブ。ストラップの色に合わせました(^^;)

液晶保護シートも買いました。このカメラには純正のモニター保護セミハードシートというアクセサリーもあるのですが、ちょっと高いし画面への密着感がないようで不安だったので、普通のにしました。ケンコーの液晶プロテクター ソニー Cyber-shot RX1/RX100 用です。

しかし、例によって微妙にうまく貼れませんでした。液晶保護シートはこの世で最も費用対満足度の低いものの1つですね。セミハードシートのほうが貼りやすかったかな・・・。もうこんなもの使わなくて済むように、携帯機器のモニタはすべからくゴリラガラスにすべきだと思います。


関連リンク
SONY DSC-RX100 その後2 (2013年05月18日)

コメント (0)

2013年3月18日

SONY DSC-RX100 購入

ソニーの高級コンパクトデジカメ、Cyber-shot DSC-RX100を買いました。


Cyber-shot RX100 2020万/光学x3.6/ブラック
発売当時から気になっていたのですが、やはりこのカメラは魅力的です。コンパクトなのに1インチという大きめの撮像素子を採用しているところ、そして画質最優先の単焦点ではなく、実用的なズームレンズ(それでもカールツァイス T*)を搭載しているところなど、今の私のニーズにピッタリです。だいぶ安くなってきたので決断しました。

Amazonではなぜか直接の取り扱いがなくなっているようなので(まだ1年たたないけど後継機でも出る?)今回はヨドバシで買いました。ポイント還元分を含めれば、ほぼ最安値です。買ったのはとりあえず本体だけですが、ポイントで液晶保護フィルムやケースでも買おうかと思っています。

ちなみにデジカメを買うのはLUMIX DMC-GF1以来3年4ヶ月ぶり、コンパクトタイプにいたってはFinePix F710以来9年ぶりです。コンパクトは、デジタル一眼レフを入手して以降では初の購入なんですよね。また、今回GF1は売却したいとも思っていたのですが、調べたところ、レンズを含めても既に二束三文にしかならないようなので、残しておくことにしました。まあ、FDレンズ用ボディということで(^^;)


関連リンク
SONY DSC-RX100 その後 (2013年03月19日)

コメント (4)

2013年3月 5日

Nikon COOLPIX A

ニコンからAPS-Cサイズの撮像素子を搭載した高級コンパクトデジカメ、COOLPIX Aが発表されました。35mmフィルム換算28mmのレンズが搭載されていて、予想価格は12万円前後とのことです。


Nikon デジタルカメラ COOLPIX (クールピクス) ABK ブラック
なかなか良さそうですね。私が求めている高級コンパクトの理想にかなり近いカメラです。デザイン的にはもう1つグッと来ませんが、小さくまとめてきたのは好印象。早く実物を見てみたいです。

スペックと価格を考えると、富士フイルムのX100Sとモロに競合しそうですね。あちらはクラシカルでちょっと大きめ、こちらは現代的でコンパクトという感じで、甲乙つけがたいです。

ミラーレス人気も一段落なのでしょうか、こういうレンズ固定式の高級コンパクトが増え始めてきました。大いに歓迎しますが、より実用的な、ズームレンズを搭載したモデルも増えて欲しいですね。ソニーのDSC-RX100の後継機にも期待しているのですが、まだちょっと早いかな?

コメント (0)

2013年3月 3日

今更K-5もあり?

1年くらい前に出たペンタックスのK-5 Silver Special Edition、世界限定1,500台ということでしたが、まだ買えるようですね(^^;) 価格もこなれてきて8万円弱になっています。私はシルバーボディが凄く好きなので、にわかに気になってきてしまいました。


PENTAX デジタル一眼レフカメラ K-5 レンズキット シルバー (DA40mm F2.8 XS シルバー付属 世界限定1500台)
とはいえ、K-5IIが発売されてもうかなりたつわけですから、今更その前の世代の機種を買うというのは勇気が必要ですね。売れ残っている理由もそのあたりでしょう。実際はK-5とK-5IIの違いはあまりないので、割り切れるかどうかですね。もう一声、安くならないかなぁ。

また、個人的にはレンズは不要なので、付属の40mmが無駄になってしまいます。まあ、それを売れば実質、安く買ったことになるのかもしれません(^^;) このレンズは単体で買うと2万円以上するんですよね。更にシルバーの限定モデルだから、意外と良い方法かな?


また、富士フイルムのX100Sが出たことによって旧機種となったX100も今、安い店では7万円くらいになっています。発売されたときは高くて手が出ないと思ってたけど、これなら買えるかも?(^^;) やはりこのカメラのデザインはグッと来ますね〜。でもこちらはさすがに、あまり使わないだろうなぁ。

最近あまり個人的な買い物はしていなかったので(PC関連は仕事(^^;) )久々に物欲が・・・。

コメント (0)

2012年12月 4日

K10D 互換バッテリー

今更ですが、私がもう5年くらい使っているデジタル一眼レフ、ペンタックス K10D用の交換バッテリーを買いました。純正ではなく互換品です。


PENTAXペンタックス D-LI50対応互換バッテリー
このカメラ、何度か書いているとおりバッテリーの持ちは非常に良いのですが(私の使用頻度で、年に数回しか充電しない程)電池残量の表示がもの凄くいい加減で、フル充電表示からあっという間に電池切れになります。

何度か失敗しているので、予備のバッテリーを持ち歩きたいとずっと思っていたのですが、このカメラの純正バッテリーは8千円(実売価格は6千円くらい)もするのです。日本製なので仕方ないんでしょうけど、カメラを買い換えたら終わりだし、とてもバッテリーごときに出せる金額ではありませんよね(^^;)

先日Amazonを物色していたところ、K10Dでも使えるサードパーティ製の交換バッテリーがあることを知りました。値段もなんと千円くらいです。容量は純正より若干少ないようですが、予備としてはなんの問題もありません。早速1つ買ってみました。

まだ試しにテスト撮影してみただけですが、連写も含め、とりあえず問題なく使えています。一応、普段はなるべく純正で撮影し、出先で電池切れしたときだけ、こちらを使うようにしたいと思っています。


関連リンク
K10D 互換バッテリー その後 (2014年05月20日)

コメント (0)

2012年11月 1日

ボディーキャップレンズ その後

10/15の日記のその後です。すっかりフォローするのを忘れていましたが、何日か前の天気の良かった日の夕暮れに、テスト撮影してみました。

ボディーキャップレンズ

Panasonic, LUMIX DMC-GF1
ボディーキャップレンズ BCL-1580
絞り優先AE (F8, 1/80秒, 露出補正 +0.7)
ISO 100, AWB
20mm F1.7

Panasonic, LUMIX DMC-GF1
LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.
絞り優先AE (F8, 1/50秒, 露出補正 +0.7)
ISO 100, AWB

左がボディーキャップレンズ、右が以前から持っていたLUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.です。画角は少し違いますが、絞りは同じF8にしています。

ボディーキャップレンズも悪くないけど、全体的なシャープさ等は20mmの圧勝ですね。画面周辺は特に条件が厳しいとは思いますが、違いは縮小していても分かります。

とはいえ、値段も大きさも違うのだから当然と言えば当然の結果ですね。このレンズは、やはりiPhone 4Sと比較すべきだったかもしれません。機会があれば試してみたいです。

コメント (0)

2012年10月15日

オリンパス ボディーキャップレンズ

9/18の日記で書いたオリンパスのボディーキャップレンズ BCL-1580が発売されたので買ってみました。実売5千円です(^^;)


OLYMPUS マイクロ一眼 ボディキャップレンズ BCL-1580
焦点距離は15mm(35mmフィルム換算30mm)で絞りはF8固定、ピントは無限遠と接写の2段階切り替え式です。無限遠ではパンフォーカス(画面全体にピントが合う状態)になるようです。暗いレンズだし、日中の野外スナップが主な使い方になりますかね。

ボディーキャップレンズデザイン的には、私のパナソニック LUMIX DMC-GF1にもベストマッチです。ボディとの一体感もあるし、本当にボディキャップ並の薄さですね。ワイシャツのポケットにもギリギリ入ります(笑) レンズキャップ内蔵(ピントのレバーで閉じる)というのも何気に良いですね。

最近はあまり持ち歩かなくなっていたのですが、これなら鞄に忍ばせておいても良いかもしれません。ただ、問題はクオリティですね。まだ試していませんが、iPhone 4Sより画質が悪いようでは持ち歩く意味がありません。あとで試写してみたいと思います。


関連リンク
ボディーキャップレンズ その後 (2012年11月01日)

コメント (0)

2012年9月18日

オリンパス PEN E-PL5/E-PM2

オリンパスからマイクロフォーサーズ規格準拠のミラーレス一眼、PEN Lite E-PL5およびmini E-PM2が発表になりました。それぞれE-PL3E-PM1の後継機ですね。

両機とも上位機種っぽいグリップが付いて、デザイン的にだいぶ落ち着いた雰囲気になったように思います。今回、E-P3の後継機は出なかったけど、シリーズ全体で統一感を持たせたのかもしれませんね。

同時にレンズもいくつか発表になっていますが、個人的にはボディーキャップレンズ BCL-1580が気になります。ボディキャップのように薄いという面白いコンセプトのレンズ(?)です。絞りはF8固定で暗めですが、日中の野外なら問題ないし、シンプルなレンズは意外と写りも良いものです。値段も安いので試しに買ってみても良いかなと思っています。私のLUMIX DMC-GF1にも似合いそうだし、それこそボディキャップがわりに(^^;)


関連リンク
オリンパス ボディーキャップレンズ (2012年10月15日)

コメント (0)

ページ: << < 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >>