2011年6月23日

PENTAX Q

ペンタックスからレンズ交換式のミラーレス一眼、Qが発表されました。ついにペンタックスもミラーレス市場に参入ですね。

交換レンズはQマウントと呼ばれる独自の規格になった模様です。個人的にはペンタックスにもフォーサーズ陣営に参加して欲しかったのですが、やはり老舗としてはプライドが許さないのでしょうか、残念ながら独自規格となりました。

このQマウントは他社のミラーレス一眼とは少々コンセプトが違うようです。撮像素子が小さいのです。他社のミラーレス一眼が一眼レフと同等の撮像素子を採用しているのに対して、Qマウントは1/2.3型です。ほとんどコンパクトデジカメ並ですね。その分、ボディやレンズの小型化は期待できますが、画質は他社の製品より劣ることになりそうです。

とはいえ、最近の撮像素子は小さくてもかなり高性能なので、1点を除いて不満は出ないのではないかと思います。その1点とは、もちろんボケ描写ですが、こればっかりは物理法則の問題なので(デジタル処理でボカすなら別だけど)技術でどうにかなるものではありません。明るいレンズが揃っているとはいえ、やはり大きいほうが断然有利です。

当然、レンズの焦点距離も短めです。35mm判に換算するには5.5倍くらいが目安となるでしょうか。ただ、レンズ名には焦点距離などのスペックは一切表示しない方針のようで、これは良い決断ですね。従来の交換レンズの名前って凄くマニアックですからね(^^;) クルマの名前にいちいち排気量などを書かないのと同じで、こういうのが増えても良いのではないかと思います。

デザインは非常にクラシカルですが、個人的にはちょっと微妙な印象です。クラシカルというより古臭いという言葉を連想しました(^^;) ボディが白と黒なのに、レンズがシルバーというのも悩ましいですね。シルバーボディか黒のレンズが欲しくなります。

また、撮像素子の小ささに比べてレンズが(マウント径が)大きいのも気になりますね。思い切って、もう少し小さくはできなかったのかなぁ。撮像素子で不利な分、レンズで頑張ろうということなのかもしれませんね。

価格はオープンですが、他社の製品と同等になりそうです。レンズが交換できるところ以外、コンパクトデジカメとの差別化がしにくそうな製品ですが、果たしてどれだけ売れるでしょうか。いろんな意味で楽しみです。

コメント (0)

2011年6月17日

LUMIX DMC-GF2 が安い

先日、後継機が発表されたからでしょうか、今パナソニックのLUMIX DMC-GF2が非常に安いです。例えば14mm/F2.5付きのレンズキットが、店によっては4万円ちょっとで売られています。この14mmレンズは以前から欲しいと思っているのですが、単独で買うと3万円以上するんですよね。つまり、GF2本体は、ほとんど1万円くらいという計算になります。

私はもう1世代前のGF120mm/F1.7を所有しているのですが、今このGF2レンズキットを買えば、ボディが新しくなる上に14mmレンズも付いてくることになるわけです。更に、不要になったGF1ボディを1万円で売却することができれば、ほとんどタダでGF2が手に入ることになります。非常に心踊らされます(^^;)

とはいえ、3〜4万円の支出が発生することは事実だし、14mmレンズは欲しいけどGF2はそれほど欲しいわけでもないので、迷いますね。でも買うなら今しかないことだけは間違いなさそうです。

コメント (0)

2011年6月15日

Acru ハンドストラップ×フルレザーfor PEN

LUMIX DMC-GF1用にストラップを買いました。Acruという会社のハンドストラップ×フルレザーfor PENです。今まではケータイ用のストラップを付けていたのですが、やはり強度的に不安で、ちゃんとしたものが欲しいとずっと思っていました。

Acru ハンドストラップその名のとおりオリンパスペン用ですが、特に変わったものではありません。ただ、GF1はストラップを通す穴が少し狭いため、取付部分の革を薄めに加工する特注(無料)をお願いしました。小さな工房らしい、きめ細かなサービスですね。

色は5色あり迷いました。ボディが黒なので無難なのは同じ黒ですが、それだとあまりにも味気ないので、ちょっと変えてチョコにしてみました。色だけならキャメルも好きなんですけどね。

ストラップ本体は思ったより大きめでした。これだとペンも含め、ミラーレス一眼+薄型レンズで使うには少し大げさな気もしますね。一眼レフでも使えそうです。作りや質感には非の打ち所がなく、値段を考えても満足です。一眼レフ用にネックストラップも買おうかな(^^;)


関連リンク
Acru カシェ・スタンダード (2011年12月20日)

コメント (0)

2011年6月14日

LUMIX DMC-GF3

パナソニックからマイクロフォーサーズ規格準拠のミラーレス一眼、LUMIX DMC-GF3が発表になりました。GF2から僅か半年でのモデルチェンジです。驚きました。


Panasonic LUMIX GF3
デザインも一新されています。パッ見、かなり小さく感じますね。中央部が盛り上がっているのが少し気になりますが、見事な進化です。

同時にLUMIX DMC-G3も発表になっています。こちらはだいぶ一眼レフっぽさが消えてきましたね。

また、ライカブランドの交換レンズ、LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4も発表になりました。20mm/F1.7とスペック的に近すぎる気もしますが、フイルム時代の王道スペック(50mm F1.4)をフォーサーズ化した魅力的な単焦点標準レンズですね。

コメント (0)

2011年6月10日

画彩 写真仕上げ 光沢プレミアム

Lサイズの写真用紙がなくなったので新しいのを買いました。


画彩 写真仕上げ 光沢プレミアム L
前回、200枚入りのを買ってからちょうど4年、その前は100枚入りを買って2年なので、消費ペースは50枚/年でずっと同じくらいですね。

今回は他のメーカーの紙にすることも考えたのですが、結局は同じ富士フイルムのにしました。やはり私の世代には、裏面のロゴがCanonやEPSONより、FUJIFILMのほうが写真らしく感じられます(^^;)

ただ、前回と全く同じ製品はなくなっていたので、同じ厚さ(0.28mm)の画彩 写真仕上げ 光沢プレミアムにしました。今回も200枚入りです。


関連リンク
画彩 写真仕上げ 光沢プレミアム その後 (2013年04月01日)

コメント (0)

2011年6月 8日

SONY NEX-C3

ソニーからミラーレス一眼の新製品、NEX-C3が発表になりました。NEX-3の後継機ですね。NEX-5とは、しばらく併売されるようです。NEX-3はだいぶ前に生産終了になっていたので、このまま1モデルのみになってしまうのかと、ずっと気になっていました。

ただ、感想としてはNEX-3と5が出たときと同じですね。なんていうか、もう1つそそられないんですよね(^^;) 品質も機能も小型軽量化も大事だとは思うけど、そのせいでデザインが犠牲になっていませんかね? まあ、好き嫌いはあるでしょうけど、かつてのソニーはそういうところも優れていたので、物足りないですね。

コメント (0)

2011年5月31日

富士フイルム DP-801SH その後2

15日の日記のその後です。購入してそろそろ1ヶ月ですが、1つ書いておきたいことがあります。まあ、これは予想どおりではあるのですが(きっと他社の製品も同じでしょう)時計が狂うのです。

狂うと言っても安物のクオーツ時計程度ですが、それでも今は電波時計もあるし、PCやビデオの時計もネットワークや地デジの時刻情報で自動調整されるようなご時世です。アナログならともかく、こういったデジタル機器で時計が狂うのは少し面倒ですね。

デジタルフォトフレームを時計として使うという需要がどれくらいあるのか分かりませんが、それほどコストがかかるわけではないと思うので、電波時計を内蔵した製品が出てきて欲しいですね。個人的には動画や音楽の再生機能なんかより、ずっとありがたいです。

コメント (0)

2011年5月15日

富士フイルム DP-801SH その後

3日の日記のその後です。しばらく使ってみましたが、やはりデジタルフォトフレームはインテリアとして凄く良いですね。特に時計との組み合わせは最高です。通常の(デジタルでない)写真立てでも、時計がついているものがありますからね。

ただ、さすがに同じ写真ばかりだとすぐに飽きます。スライドショーで1時間ごとに切り替わるようにしてはいるのですが、数十枚程度では少なかったようです。仕方ないので、かなり昔に撮った写真なども引っ張り出してきて、40枚ほど追加しました。暇を見つけては増やしていって、内蔵メモリ一杯まで入れておきたいと思います。


関連リンク
富士フイルム DP-801SH その後2 (2011年05月31日)

コメント (0)

2011年5月12日

LUMIX DMC-G3

パナソニックからマイクロフォーサーズ規格準拠のデジタルカメラ、LUMIX DMC-G3が発表されました。LUMIX DMC-G2の後継機ですね。まだ海外のみの発表で国内発売は未定だそうですが、たぶんすぐ発表になるでしょう。

先代のG2に比べると、だいぶ従来の一眼レフらしくない個性的デザインになりましたね。ミラーレス機にいつまでもこういうデザインが必要なのかどうか常々疑問に思っていますが、やはりEVFのためですかね。まあ、選択肢があるのは良いことかもしれません。

コメント (0)

2011年5月 3日

富士フイルム DP-801SH

4/29の日記のその後です。モノが届きました。


FUJIFILM デジタルフォトフレーム DP-801SH W
さっそくUSBでMacに繋いで写真を転送してみました。公式にはWindowsしかサポートしていないようだけど、Macでも全く問題ありませんでした。なぜ対応を謳わないんですかね。なお、USBケーブルは付属していませんが、PSP用のケーブルがあったのでそれを使いました。

内蔵メモリは512MBですが、800x480のJPEG画像は大きくてもせいぜい2〜300KB程度なので、これで十分です。とりあえずお気に入りの写真を数十枚程度入れました。でも本体を移動するのは面倒なので、今後は空いているSDメモリカードか何かを用意して、そこからコピーしたほうが楽かもしれませんね。

画質は特に良いとも悪いとも思いませんでした。解像度もそれほど高いわけではないし、まあ普通ですね。表示モードは、時計&スライドショーの設定で使っていくつもりです。動画や音楽を再生する機能もありますが、使うことはないでしょう。

電源はやはり付けっぱなしだと気になるので、とりあえず夜、自分の部屋で過ごす時間になったら付けて、寝る前に消すという使い方をしてみることにします。消費電力はたいしたことないんでしょうが、LEDバックライトの寿命もありますしね。


関連リンク
富士フイルム DP-801SH その後 (2011年05月15日)

コメント (0)

2011年4月29日

デジタルフォトフレーム その後

22日の日記のその後です。近所の電器店に見に行ってきました。お目当てのソニーのを含めて結構たくさん展示してありましたが、デザインもスペックもみんな似たような感じですね。時計機能も各社それなりのものを搭載しているようで、どこのを買っても良さそうです。

そこで、ソニーではなく富士フイルムのDP-801SH(白)を買うことにしました。フレームのデザインが決め手です。メーカーのロゴが入っていないところも、縦置きしやすくて良いですね。

7インチではなく8インチにしたのは、そちらのほうが液晶とフレームの比率(バランス)が良いように感じたからです。本当は、全体のサイズは小さいほうが良かったんですけどね。

例によって買ったのはAmazonなのでまだモノはありませんが、届くまでにちゃんと液晶サイズ(800x480)に合わせて写真を加工しておくつもり(←こういうところが理系)です(^^;)


関連リンク
富士フイルム DP-801SH (2011年05月03日)

コメント (0)

2011年4月25日

ちょうどいいマクロレンズ

昨日、久々に100mmマクロで花を撮ってみて改めて思いました。APS-Cサイズ撮像素子のカメラに100mmマクロは使いづらいな、と(^^;) 描写は良いのですが、問題は35mm判換算で150mmにもなってしまう焦点距離です。手持ち撮影では限界に近いんですよね。

とはいえ、例えばペンタックスのレンズラインナップでは他に50mmマクロしかありません。換算75mmというのは悪くないけど、ボケの大きさなどの描写にはもう1つ物足りなさが残ります。それで100mmにしたのです。F2.8より、もう少し明るければまだ良いんですけどね。

やはり焦点距離的にベストなのは、他社製品にある60mmあたりですよね。換算90mmとなり、中望遠マクロとして使いやすそうです。特にタムロンのSP AF 60mm F/2 Di II LD [IF] MACROは明るさもF2.0で理想的です。でもペンタックス用だけないんだよなぁ(^^;) ずっと出さないのでしょうか?

また、フォーサーズならオリンパスのED 50mm F2.0 Macroは換算100mmでF2.0だし、これのマイクロフォーサーズ版が欲しくなりますね。実際、出す予定はあるみたいですが、なかなか発売されません。パナソニックのLEICA DG MACRO-ELMARIT 45mmが欲しいなと思いつつ手が出せないのは、それを見てから決めたいという理由もあるんですよね。

コメント (0)

2011年4月22日

デジタルフォトフレーム 再考

その黎明期から興味を持ちつつ、いまだに購入の機会がないデジタルフォトフレームですが、最近また気になり始めています。

きっかけは、自室にデジタル時計を置こうと考えたことでした。なんとなく、薄暗い部屋でも裸眼で(私は両目とも0.1以下)見える時計が欲しくなったのです。時刻が分かりやすいデジタルの置き時計で、文字サイズが大きいもの、そしてもちろんデザインが気に入ったものという条件で物色したところ、意外と値段が高いものが多いのです。

そこでふと思いつきました。時計に1万円も出すならデジタルフォトフレームを買って、それを時計がわりにする手もあるのではないかと(^^;) デジタルフォトフレームには意外とちゃんとした時計を表示できるものが多いですからね。

サイズは小さいもので十分です。アスペクト比は、私は3:2の写真が多いので、それに近い800x480の画面のものが良いでしょう。時計機能が充実しているソニーのDPF-D720あたりが第一候補です。

インテリアとして購入するので、本体の色や質感が気になります。いつものようにいきなり通販で買うのはちょっと不安なので、一度どこかで見て、気に入ったら購入したいと考えています。ちょうど誕生日が近いので、自分へのプレゼントとしますかね(^^;)


関連リンク
デジタルフォトフレーム その後 (2011年04月29日)

コメント (0)

2011年2月14日

PENTAX K-5 Limited Silver もう買えない?

8日の日記で書いたペンタックスのK-5 Limited Silverですが、既に受注が限定1,500台に達してしまったようです。まさかこのクラスの高価なカメラが、こんなに早く売り切れるとは思いませんでした。あちこちの店が独自の判断で注文したのかもしれませんが、迷ってるようじゃ初めから買えないということですね(^^;)

しかし、これって人気なのは本当に限定だからなんですかね? シルバーモデルって格好良いと思うんだけどなぁ。普通に売ればいいのに・・・。

コメント (2)

2011年2月 8日

PENTAX K-5 Limited Silver

ペンタックスがK-5のシルバーモデル、K-5 Limited Silverを出すそうです。


PENTAX K-5 18-55レンズキット
K-7のときにもありましたが、今度は限定1,500台だそうです。

今はちょっと余裕がないので買うつもりはありませんが、黒より断然こちらが格好良いと思うんですけどね。なぜ限定なんだろう・・・。

なお、これに合わせて一部のLimitedレンズもシルバーモデルが出るようです。でも、こっちはあまり興味ありません(^^;) シルバーと黒のツートンカラーが格好良いのです。


関連リンク
PENTAX K-5 Limited Silver もう買えない? (2011年02月14日)

コメント (0)

2011年1月26日

Gitzo GT1550T 限定セット

20日の日記の最後で書いたGitzo GT1550Tの限定処分品ですが、Amazonなど、予約を受け付ける店が現れ始めました。ネットで買えるとなれば、いま予約すれば確実に入手できそうですね。

しかも、定価は64,050円とのことでしたが、店によっては5万円台前半の値を付けているところもあります。これは安いですね。でも、それでも高いよなぁ(^^;)

発売は2月3日だそうです。しばらく考える時間はあるな・・・。

コメント (0)

2011年1月20日

Gitzo GK1580TQR5

Gitzoからトラベラーシリーズの新しい5段三脚、GK1580TQR5が発表されました。(同時に4段のGK1580TQR4も発表) 以前のGT1550Tの後継機のようです。

ここに書いたことはありませんでしたが、このシリーズは以前から凄く興味があるんですよね。小型軽量で独特の折り畳みギミックを持ったカーボン三脚ということで、いつかは欲しいと憧れていました。

とはいえ10万円近くするので、おいそれとは手が出せません。価格だけでなく、私の三脚の使用頻度を考えると尚更です。最近、三脚を持って撮影にでかけることなんてほとんどなくなりましたからね。でも、これを買えば変わるかな?(^^;)

なお、旧機種となったGT1550Tは最終処分として64,050円で販売されるそうです。50台限定らしいので簡単には買えないかもしないけど、ちょっと迷っています。とはいえ、それでも高いよなぁ。

関係ないけど、このGitzoのサイトのURLは日本語がバンバン入ってて凄いですね(^^;)

コメント (0)

2011年1月19日

改めて、高級コンパクトデジカメを求む

写真を撮るなら一眼レフだとずっと思ってきました。フィルムからデジタルになってコンパクトタイプと一眼レフのクオリティ差が開き、ますますその思いは強くなりました。

しかし近年、それらの中間とも言える、いわゆるミラーレス一眼が登場して人気を博しています。私も以前からそういうカメラを待ち望んでいたし購入もしたわけですが、それから1年、撮影の機会は驚くほど少ないのが現状です。そんなわけで最近また理想のコンパクトデジカメについて色々と考えを巡らすようになってしまいました。

ミラーレス一眼の問題は、やはりボディサイズが中途半端に大きいという点につきます。いや、ボディ自体は一眼レフに比べてかなり小さいのですが、問題はレンズです。レンズを付けるとその部分が出っ張るので、どうしてもかさばります。重さもそれなりにあるし、コンパクトデジカメの代わりにはできませんでした。

逆に、本気の写真を撮りに出かけようとすると、またしても出番がありません。レンズを何本か持って行こうと思ったら(実際にはまだ1本しか持ってないけど)もうちゃんとしたカメラバッグが必要だし、それなら一眼レフを持って行くほうが充実した撮影が行えます。私がなかなか2本目のレンズを買おうとしない理由も、ここにあります。

つまり、レンズ交換式のコンパクトデジカメは、私の求めているものとはちょっと違ったということです。だいぶ前から結論は出ていたのですが、悔しかったので公言しませんでした(笑)


で、改めて私が求めているのはズバリ、こんなカメラです。デザインは、例えばフィルム時代のCONTAX T3(以前の日記に画像あり)のようなタイプ。電源オフでレンズが完全にボディ内に収納され(出っ張りがなくなり)持ち歩きやすく、レンズも優秀、見た目も高級感のあるカメラです。

更にデジタルの場合、大きめの撮像素子が必要です。どんなにレンズが良くても撮像素子が小さいと、写真の醍醐味の1つであるボケ描写は期待できません。T3のボディにフォーサーズクラスの撮像素子。これが私がいま待ち望んでいるカメラですね。

惜しいスペックのカメラはいくつかあるし、技術的には既に可能なレベルにあるのではないかと思いますが、どこか出してくれませんかね?(^^;)

コメント (0)

2011年1月 6日

オリンパス PEN Lite E-PL2

オリンパスからマイクロフォーサーズ規格準拠のデジタルカメラ、PEN Lite E-PL2が発表になったようです。日本のサイトにはまだ情報がありませんが(最近このパターン多し)E-PL1sの後継機ですかね。

機能的には何が変わったのかまだよく分かりませんが、デザインはマイナーチェンジされて、かなり高級感が出たように思います。グリップの質感も良いし、特にシルバーのモデルが復活したのは嬉しいですね。あとは初代E-P1のように、もう少しクラシカルな路線に戻ってくれると嬉しいのですが・・・。


・訂正
シルバーではなくシャンパンゴールドのようですね・・・。

コメント (0)

2010年11月18日

LUMIX DMC-GF2 国内発表

4日の日記のその後です。LUMIX DMC-GF2が国内でも発表されました。随分と時間がかかりましたね。

気になっていたレンズキットですが、やはり20mmレンズのセットはないようです。ううん、たぶん14mmのほうが小さくて軽いからなんでしょうけど、この決断は残念ですね。でも、この14mmレンズ自体は私も欲しいです(^^;)

コメント (0)

ページ: << < 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >>