2012年2月15日

Blu-rayの音声フォーマットと古いAVアンプ

昨年末にプロジェクターを買い換え、我が家のホームシアターも本格的にHD化したわけですが、音に関しては10年くらい前に購入したAVアンプを使い続けています。最初、ゆくゆくはこちらも新しい音声フォーマットに対応した最新機種に買い換えたいと思っていましたが、しばらくたって考え方が変わってきました。

まず、私が購入するBlu-rayタイトルは、ほぼ100%洋画です。(本当は日本のアニメにも欲しいと思うものは多いのですが、高いので最近は滅多に買いません(^^;) )洋画にはたいていオリジナルの英語と日本語吹替の音声が入っていますが、最近はほとんど日本語で見ています。目が悪くなった(疲れやすくなった)のがきっかけですが、字幕がないほうが映像もストーリーも楽しめるということが分かったので、今では積極的に日本語で見ています。

Blu-rayに収録される音声フォーマットはものによって違いますが、これまで買った20タイトル余りの傾向を見ると、英語音声がdts HD マスターオーディオ 7.1ch.で、日本語がdts 5.1ch.というパターンが多いようです。

うちのAVアンプは古いとはいえ、無印dtsおよびdts-ESには対応しています。したがって、日本語吹替で見る限り新しいアンプを買うメリットはありません。dts HDに関しても、下位互換性がある(無印音声も含まれている)ので聴けないわけではありません。

というわけで、最新のAVアンプを買ってもほとんど意味がないのです。音質にこだわりたいならアンプより、5.1ch.スピーカー(今のはかなりの安物)をもう少し良い物にするほうが先ですね。AVアンプは壊れるまで使おうと思います。


関連リンク
リニアPCM 5.1chのBlu-ray (2013年04月29日)

コメント (0)

2012年2月12日

ガリバー旅行記

2011年の映画、ガリバー旅行記のBlu-rayを買いました。


ガリバー旅行記 [Blu-ray]
どんな映画なのか何も知らずに見ましたが、これは有名な童話(?)ガリバー旅行記を元にした、現代が舞台のSFコメディ作品ですね。

オリジナルの話は子供の頃に読んだことがあるはずですが、ほとんど覚えていないので、それとの類似点は分かりませんが、エンターテインメント作品として今風に仕上がっていて面白かったです。様々な映画のパロディや、異世界への入り口がバミューダ・トライアングルにあったりするところなど、細かいネタも笑えました。

映像は、合成に違和感のあるところもありましたが(最近、視聴環境が良くなったせいか何かと気になる(^^;) )楽しめました。ロボットまで作ってしまうのはどうかと思いましたが、文化の違いなども面白おかしく描かれていたと思います。

音声はdts 5.1ch.の日本語吹替で視聴しましたが、この映画に関してはオリジナルの英語音声で見たほうが良かったのかもしれません。歌の歌詞などが意外と話の重要なポイントになっているシーンがあったからです。でも、日本語版の声優さんも凄く良かったですけどね。歌もうまかったし。

コメント (0)

2012年2月11日

ジュラシック・パーク III

先週末に引き続き、3作目を見ました。前2作と比べるとかなり短いですね。でも話は意外と面白かったです。あの少年のサバイバルはちょっと非現実的すぎるような気がしますが(そっちも映画化できそう(笑))単純なパニック映画ではなく、ちゃんと人間ドラマになっていて良かったように思います。

映像は、新しい作品のわりには合成シーンなどに違和感を感じるところが少なくありませんでした。初登場(?)の翼竜は良かったですけどね。最後のシーンは、次作への伏線でしょうか? というか、明らかに問題ですよね(^^;)

音声はdts 5.1ch.の日本語吹替で視聴しました。派手さはなかったけど、普通に良かったと思います。

コメント (0)

2012年2月 5日

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク

昨日の続きです。シリーズ2作目、ロスト・ワールド/ジュラシック・パークを見ました。

1度だけ、衝動的に映画館に入って見ただけなので、話はほとんど忘れていたのですが、見ているうちにだんだん思い出してきました。この作品、見どころは終盤の30分ですね(^^;) そこまでは1作目とあまり違いはないというか、やはり無人島だけでは飽きます。逆に終盤のあの街中でのパニックはかなり面白かったです。

映像も1作目と比べると大きな違いを感じました。合成シーンなども全く違和感ありませんでした。公開時期は4年くらいしか違わないはずですが、ちょうどこの頃にデジタル技術が大きく進歩したのでしょうね。

音声はdts 5.1ch.の日本語吹替で視聴しましたが、こちらもデジタル化されたのでしょう(エンドロールにもdtsのクレジットがありました)かなり派手な包囲感で楽しめました。


関連リンク
ジュラシック・パーク III (2012年02月11日)

コメント (0)

2012年2月 4日

ジュラシック・パーク アルティメット・トリロジー Blu-ray

ジュラシック・パーク アルティメット・トリロジー Blu-rayを買いました。


ジュラシック・パーク アルティメット・トリロジー  [Blu-ray]
シリーズ全3作が収録されているのですが、在庫が少なくなっているのかAmazonでは高かったので、HMVで買いました。6千円ちょっとでした。

このシリーズ、1作目は何度かテレビ放映で見たことがあります。2作目は映画館で見ましたが、話はほとんど覚えていません(^^;) 3作目は一度も見たことがありません。

さっそく1作目を見ましたが、懐かしい反面、思った以上に古臭く感じました。映像も、画質は悪くなかったけど、合成シーンなどは今の技術レベルからすると物足りないですね。まあ、これは仕方ありません。話自体は単純ですが、意外とハラハラの連続で、最後まで退屈せずに楽しめました。

音声はdts 5.1ch.の日本語吹替で視聴しましたが、音質はとても良かったと思います。音楽も、お馴染みのテーマ曲がとても懐かしく印象的でした。


関連リンク
ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク (2012年02月05日)

コメント (0)

2012年1月22日

タイタンの戦い

タイタンの戦いのBlu-rayを見ました。この作品、劇場公開中(だったと思う)によくテレビCMをやっていて気になってはいたのですが、どうもB級っぽい香りが強くて手が出せずにいました。今回、かなり安くなっていたので買ってみました。


タイタンの戦い [Blu-ray]
予想どおり、B級っぽい作品ですね(^^;) 映像はそれなりに良かったけど、話はあまり楽しめませんでした。ギリシャ神話がベースになっているようですが、展開が単純すぎて物足りないですね。分かりやすいので子供向けには良いかもしれませんが、グロいシーンが多いのが問題かな?(笑) 逆に、モンスターの類はあまり出さず、大人向けに仕上げる手もあったように思います。

音声はドルビーデジタル 5.1ch.の日本語吹替で視聴しましたが、普通に良かったように思います。Blu-rayになってからは、どんな作品を見ても不満に思うことはありませんね。容量に余裕があるせいでしょうか。

コメント (0)

2012年1月21日

ダイ・ハード 4.0

先週末に引き続き、4作目を見ました。最初、なぜタイトルはダイ・ハード 4じゃなく4.0なのかと不思議に思ったのですが、内容を見て理解しました。サイバーテロがテーマなんですね。ブルース・ウィリスもだいぶ老けたし、アナログ世代vsデジタル世代みたいな設定が、なかなか面白かったです。敵の目的がもう1つ明確じゃなかった点が物足りないけど、アメリカのオタク達も面白かったし、最後まで退屈せずに楽しめました。

2007年の作品ということで、映像も良かったです。コンピュータがテーマの作品はどうしてもリアリティに欠ける描写が多いのですが、この作品は違和感が少なかったように思います。まあ、他の作品同様、キーボードをバシバシ打ちまくるシーンが多くて、そういうところは不自然なんですけどね(^^;)

アクションシーンは相変わらずで、文句なしですね。カーアクションも派手だし、更にF-35戦闘機まで出てくるとは驚きました。

音声はdts 5.1ch.の日本語吹替で視聴しました。このBlu-rayの日本語吹替音声は、劇場公開されたオリジナルのものと、Blu-ray版独自の吹替の2種類が収録されているのですが、後者で見ました。どうやら声優さんが違うようですね。新しい作品ですし、音質はかなり良かったように思います。派手さはないけど包囲感も心地よかったです。

コメント (0)

2012年1月15日

ダイ・ハード 3

昨日の続きです。3作目を見ました。これも2回くらいはテレビで見たことがあるので、よく覚えていました。当時、この話はなんとなくオリジナリティに欠けるような気がしてあまり好きではなかったのですが、改めて見てみるとわりと面白いですね。アクションシーンも多く、楽しめました。

音声はいつもどおりdts 5.1ch.の日本語吹替で視聴しましたが、ちょうどドルビーデジタル時代に入った頃の作品なので、2作目までとは明らかに違いますね。銃弾が前後に飛び散るようなシーンもありました。

残る4作目は初視聴になりますが、見られるのは来週末ですかね・・・。


関連リンク
ダイ・ハード 4.0 (2012年01月21日)

コメント (0)

2012年1月14日

ダイ・ハード 2

先週末に引き続き、2作目を見ました。この作品も何度かテレビで見たので、かなり覚えていました。インパクトのある登場人物とストーリーの緻密さは継承されていますが、やはり私は1作目のほうが好きですね。

SFやファンタジーではないので当然かもしれませんが、映像も全く古さを感じさせませんでした。ただ、携帯電話が普及する以前の話なので、そこだけは違和感ありますね(^^;)

音声はdts 5.1ch.の日本語吹替で視聴しましたが、印象は1作目と同じでした。ドルビーステレオ時代のサラウンド感は、やはりこんなものなんですかね。とはいえ、高音質ではあったし、映画を楽しむという意味では全く問題ありません。


関連リンク
ダイ・ハード 3 (2012年01月15日)

コメント (0)

2012年1月10日

ダイ・ハード クアドリロジー ブルーレイBOX

Amazonでダイ・ハード クアドリロジー ブルーレイBOXが期間限定特価3,740円で売っていたので買ってみました。


ダイ・ハード クアドリロジー ブルーレイBOX(初回生産限定) [Blu-ray]
1〜3作目はテレビで見たことがありますが、全4作品収録でこの値段なら、かなりお買い得ですよね。(現在は5,025円になっているようです。)

週末に1作目を見たのですが、今でも全く古さを感じさせないクオリティですね。ストーリーも(4作目は見ていませんが)私はこの1作目がいちばん好きです。

音声はdts 5.1ch.の日本語吹替で視聴しましたが、音質自体は良かったと思います。BGMなどはかなり楽しめました。ただ、リアスピーカーは残響音程度にしか使われていないようで、音が前後を動くような派手なエフェクトは、ほとんど感じられませんでした。まあ1988年の作品ですから、そこは仕方ないですかね。


関連リンク
ダイ・ハード 2 (2012年01月14日)

コメント (0)

2012年1月 3日

エイリアン4

昨日の続きです。4作目を見ました。今回も完全版のほうです。

昨日、4作目も見たことがあると書きましたが、どうも見ていなかったようです(^^;) よく考えてみると1997年の作品ですから、テレビで見たとすればその数年後。当時はもう見たい映画があればLDやDVDを買っていましたから、可能性は低いですね。記憶にあったシーンは別の作品だったのでしょう。

というわけで初めて見たわけですが、設定にはだいぶ無理がありますね。リプリーをクローン再生するまではいいけど、体の中の女王まで復活するというのはどんなもんでしょう。新ヒロイン的な役回りのコールは良かったけど、この作品自体にそろそろ限界を感じました。最後はまだ続きそうな終わり方でしたが、さすがにリプリーを主人公にした話はもう(女優さんの年齢的にも)無理ですかね。

映像はかなり良かったです。グロさ満点でしたが、デジタル時代に入って、おそらくエイリアンもCGなのでしょう。全く違和感ありませんでした。

音声は例によってdts 5.1ch.の日本語吹替ですが、派手さはないけど良かったと思います。ホラーっぽい、ビクっとするシーンもありました。

以上、4日連続で1〜4を見たわけですが、さすがにちょっと食傷気味ですね(^^;) 次は何か明るい作品を見たいです。

コメント (0)

2012年1月 2日

エイリアン3

昨日の続きです。3作目を見ました。今作も監督さんが変わっていますが(4作すべて違うようですね)時間の長い完全版のほうを見ました。

最初、ほとんど記憶にないシーンの連続で、もしかして見たことがなかったかなと考えながら見ていましたが、話が進んでいくうちにだんだん思い出してきました。更に、私は4作目も見ていますね。記憶に残っているシーンがいくつかあるのですが、3作目までに出てきていません。テレビで見たのだと思いますが、なんだかんだ言って意外と気にしていたのかもしれません。

映像はほぼ全編、薄暗い刑務所の中ということであまり見るべきものはありませんでしたが、製作時期が新しくなってきて、現代の作品と遜色なくなってきましたね。ただ、エイリアンと背景との合成は違和感のあるシーンが多かったように思います。

音声はいつもどおりdts 5.1ch.の日本語吹替で視聴しました。今回はかなり地味というか、意外と静かな映画でしたね。


関連リンク
エイリアン4 (2012年01月03日)

コメント (0)

2012年1月 1日

エイリアン2

昨日の続きです。2作目を見ました。こちらも劇場公開版と完全版が収録されていますが、今回も後者を見ました。時間も長く、155分の大作です。

監督さんが変わっているせいか、1作目とだいぶ雰囲気が違いますね。軍人が出てきて戦闘シーン満載という、よくあるアクション映画風になりました。これはこれで悪くないけど、やはり私はSF色が濃くて芸術的だった1作目が好きですね。

映像はさすがに進歩を感じますが、相変わらず劇中に登場するコンピュータのデザインは古臭いです。モニタ画面はブラウン管で、モノクロのテキスト表示ですからね。現代のPCのほうがよほど未来的です。ちなみに物語の舞台は2144年(1作目は2087年)だそうです(^^;)

音声はdts 5.1ch.の日本語吹替で視聴しました。1作目同様、楽しめましたが、静かなシーンからドカンと大きな音が出るような演出はあまりなかったので、1作目ほど怖くはありませんでした。


関連リンク
エイリアン3 (2012年01月02日)

コメント (0)

2011年12月31日

エイリアン

一昨日の日記のその後です。まずは1作目を見ました。

劇場公開版とディレクターズカット版が収録されているのですが、LDは前者だったので後者を見てみました。追加シーンは、おそらく船長がまだ生き残っていたとかいう、あのあたりですかね。それ以外の違いは分かりませんでしたが、初めて見るわけでもないのに結構ハラハラして、見終わったあとは少しぐったりして動く気になれませんでした(^^;)

映像も30年前の作品にしては綺麗で、違和感なく見られました。所詮DVDは35万画素程度なので、Blu-rayの200万画素は古い映画にも有効ですね。画質を抜きにしても、この作品の映像はなかなか見事だなと改めて思いました。

音声はdts 5.1ch.の日本語吹替で視聴しました。LDではドルビーサラウンドしかなかったので、こちらも楽しみにしていました。普段あまりホラー映画は見ない私ですが(この作品がホラーかどうかはさておき)デジタル 5.1ch.だと心臓に悪いシーンも多いですね。分かっていてもびっくりします(^^;)


関連リンク
エイリアン2 (2012年01月01日)

コメント (0)

2011年12月30日

バビロンA.D.

バビロンA.D.のBlu-rayを買ってきました。


バビロンA.D. [Blu-ray]
近未来SFということで気になっていたのですが、話はちょっと物足りなかったですね。基本設定は面白いので、あともう少し練れば良い話になったと思うのですが、ちょっとアクション優先になってしまっている気がしました。終盤はそこそこドラマティックで結末も意外だったけど、ハッピーエンドとは言えないですね。

映像はそこそこ楽しめましたが、クルマや飛行機など、未来なのに20世紀みたいなデザインのものがたびたび登場して「あれ?」っという感じでした(^^;) 地図とかホテルの設備とか、一部は凄く未来的なのに・・・。

音声はdts 5.1ch.の日本語吹替で視聴しましたが、かなり迫力があって楽しめました。サラウンド感は抜群ですね。ロック調の音楽も多くて良かったです。

コメント (0)

2011年12月29日

エイリアン・アンソロジー ブルーレイBOX

年末年始は映画を見て過ごそうと、エイリアン・アンソロジー ブルーレイBOXを買いました。


エイリアン アンソロジー ブルーレイBOX(4枚組)(初回生産限定) [Blu-ray]
シリーズ全4作が収録されているのですが、実は1作目はLaser Discを持っています。2〜3作目はテレビで見たことはあるはずですが、内容はよく覚えていません。4作目にいたっては、見たかどうかの記憶すらありません(笑)

つまり、それほど思い入れのある作品ではないのですが、それでもSFとしてはかなり好きな部類です。宇宙船内の生活っていうのは、ちょっとした憧れがあるんですよね(^^;) 大画面&サラウンドで見るのが楽しみです。

なお、今回はいつものAmazonではなくヨドバシで買いました。ちょっと高いけど、先日エアコンを買ったときにポイントが5千円分くらい付いたので、実質3千円です。

他には、ダイ・ハードやジュラシックパークのBD BOXも良いなと思ったのですが、今回は断念しました。でもどちらも安いので、そのうち買ってしまうかもしれません。


関連リンク
エイリアン (2011年12月31日)

コメント (0)

2011年12月26日

HDプロジェクターでDVD

週末にHDのプロジェクターでDVDを見てみました。これまでBlu-rayしか見たことがなかったけど、どれくらいの画質になるのか、果たして満足できるだろうかと、ずっと気になっていました。

モノは90年代に発売された洋画のDVDですが、思ったより見られますね。PS3のアップコンバートが入っているとはいえ、以前のSDのプロジェクターとは別物でした。シーンによってはノイズが目立つものの、解像度の低さはあまり気になりません。特に人の顔などは全く違和感ないですね。むしろBlu-rayのほうが俳優さんのお肌のシワなどが見苦しく感じます(^^;)

いちばん違いが分かるのは字幕ですね。Blu-rayが全く違和感のない綺麗な文字なのに対して、DVDはジャギーの出たギザギザ文字です。初めてDVDを見た頃は、Laser Discに比べて字幕が綺麗だなと思ったものですが(当時はブラウン管のテレビでした)時代は変わりましたね。

コメント (0)

2011年12月24日

X-MEN ファイナルディシジョン

18日の日記の続きです。シリーズ3作目、X-MEN ファイナルディシジョンを見ました。


X-MEN:ファイナルディシジョン [Blu-ray]
2作目の直後の話なのでしょうか。意外なストーリーでしたが、なかなか面白かったです。レギュラー陣がかなり死んでしまって本当に完結なのだなと思っていたら、最後には二人の復活を匂わすようなシーンもあったりしてニンマリでした。

映像も綺麗で楽しめましたが、1作目から6年ほどたっているせいか、俳優さんたちもだんだんお年を召してきていますね。前2作との変化が気になって仕方ない人もいました(^^;) そんな中、ストームだけはますます魅力的でしたけどね!(笑)

音声はdts 5.1ch.の日本語吹替で視聴しましたが、良かったと思います。

この3部作以外にもいくつか作品があるようなので、機会があれば見てみたいです。

コメント (0)

2011年12月18日

X-MEN2

X-MEN2のBlu-rayを買いました。先日見た1作目の続きです。


X-MEN2
なかなか面白かったです。話としては前作よりも更に良かったですね。かつての敵と共闘するような燃える展開もあったし、私はこういうのが好みです(^^;) 最後、メンバーが一人死んでしまう話は必要だったのか疑問ですが、それ以外は文句なしに楽しめました。ストームも相変わらず素敵だ(笑)

アクションシーンでは、戦闘機による空中戦や、樹脂製の牢獄からの脱出劇などが良かったですね。

音声はdts 5.1ch.の日本語吹替で視聴しましたが、こちらも普通に良かったと思います。

実は3作目も買ってあります(^^;) 見られるのは来週末ですかね。

コメント (0)

2011年12月11日

ロビン・フッド

ロビン・フッドのBlu-rayを買いました。何度か映画化されていますが、2010年のラッセル・クロウ主演のものです。


ロビン・フッド
リドリー・スコット監督とラッセル・クロウのコンビというとグラディエーターが有名で私も大好きなのですが、ロビン・フッドは若者というイメージがあったので、あのおっさんで大丈夫なのかなと疑問に思っていました(^^;) そんなわけで興味は持ちつつ、これまで買うのを躊躇っていました。

内容は私が知っているロビン・フッドとはちょっと違いました。というか、子供の頃に本を読んだくらいなのであまり覚えていないのですが、これは過去を描いているんですかね? まだまだこれからというか、続きがありそうな終わり方でした。

ただ、全体的にはかなり面白かったです。グラディエーターと似通った部分もありますが、ストーリーとしてはこちらのほうがまとまっていますね。最後の戦闘シーンも大迫力でした。マリアンまで戦うのはどうかと思いましたけどね(^^;)

映像も最高でした。フランスとイギリスが主な舞台ですが、美しい風景と牧歌的な田舎の雰囲気が堪能できました。

音声はdts 5.1ch.の日本語吹替で視聴しましたが、とても良かったです。ただ、グラディエーターはBGMも凄く印象的だったのですが、この作品はその点、少し物足りなかったかもしれません。劇中で歌われているイングランド民謡(?)などは楽しめましたけどね。

私の世代だとケビン・コスナー主演のロビン・フッドも思い出深いです。そちらは昔テレビ放映で見たくらいでDVD等は買ったことがないのですが、改めて見てみたくなりました。

コメント (0)

ページ: << < 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 >>