2015年12月29日

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

公開中の映画、スター・ウォーズ/フォースの覚醒(エピソード7)を見てきました。

イオンシネマ ユーカリが丘 1映画館に行くのは、同じくスター・ウォーズのエピソード2以来、10数年ぶりです。(エピソード3はDVDで見た)思えば、千葉に引っ越してから映画館に行ったのは、これが初めてです。場所は、イオンシネマ ユーカリが丘で、スクリーン1の2Dの日本語吹替版(14:30開演)で見ました。3Dもあったのですが(字幕版はなかった)時間が合わなかったのと、メガネを買うのがもったいないので、やめました。私はいまだ3D映画未経験です(^^;) 今日は休日扱いでしたが、かなり空いていて、前から2ブロック目の最前列中央付近という、割と良い位置で見られました。

内容は、ネタバレになることは書きませんが、まあ普通に楽しめました。逆に言えば、絶賛するほどではなかったということですが、3部作になることが決まっているので仕方ありませんね。ストーリー的には、最初のスター・ウォーズ(エピソード4)へのオマージュという感じでしょうか。話は一区切りつきましたが、明らかに次作に繋がる感じのシーンで終わりました。本当の感動はエピソード9まで待たなければならないのだと思います。

イオンシネマ ユーカリが丘 2久々に映画館で映画を見た実感としては、やはり自宅より疲れますね。シートは良かったし、ブロック最前列だったので足を投げ出して見られましたが、それでも我が家のコタツシアターで見るのには敵いません(笑) クオリティ的にも、映像は明らかにフルHDの80インチが上ですね。音質も負けていない印象で、改めて我が家のホームシアターの方向性が間違っていないことを再確認できました。音量だけはどうしたって敵いませんが、大音量は意外と疲れる原因でもあるので、やはり自分好みに再生できるホームシアターが良いですね。

関係ないけど、写真はiPhone 6sのカメラで撮影したものです。暗い場所でも全くノイズなく撮れて、ちょっと驚きました。

コメント (0)

2015年12月20日

Amazonプライム・ビデオがPS3/4に対応

11/11の日記のその後です。Amazonのプライム・ビデオにPS3/4用の視聴アプリが登場しました。私の声が届いたというわけではないのでしょうが(笑)これは朗報ですね。これで無料のビデオがテレビで楽しめます。更に、私の自室のテレビにはHDMI端子がないので、PS3経由ならD端子でHD出力できるというメリットもあります。

さっそく試してみましたが、無料のラインナップはまだあまり多いとは言えませんね。普段あまり見ない日本映画の中に、無料なら見てみても良いなと思えるものがいくつかありましたが、そのくらいです。

クオリティもまだよく分かりません。無料のものを何本か冒頭だけ再生してみましたが、実写映画は一応HDにはなっているように見えました。アニメはほぼSDのようですね。音声は、普段PS3をAVアンプに接続していないので、どんなフォーマットかは分かりませんでした。映画なんかは5.1chだと嬉しいんですけどね。

なお、このアプリにはまだPS3のBDリモコンで正常に操作できないという不具合があるようです。通常の(ゲーム用の)コントローラーならOKですが、せっかくビデオを見るのだからリモコンで操作したいですよね。まあ、そのうち修正されるでしょう。


関連リンク
Amazonプライム・ビデオがPS3/4に対応 その後 (2016年03月13日)

コメント (0)

2015年12月 7日

ワイドFM

本日から一部のAMラジオ局がFMでも聴けるようになったそうです。ワイドFMと呼ばれているようですが、これまでの上限だった90MHzより上の帯域(旧VHFの1〜3chあたり)を使用しているそうです。そのあたりが受信できれば古いラジオでもOKということで、家にあるものをいくつかチェックしてみました。

まず、主に母親がキッチンで使っているCDラジオを試してみました。これ、我が家で唯一FMしか入らないラジオで、AM局が聴けるようになればメリットが大きいです。しかし、残念ながらデジタル選局なので90MHzまでしか選べませんでした。海外のFMラジオには90MHzを超える局も存在するようですが、国内では必要ないので制限されているのですね。余計なことを・・・(笑)

それ以外のラジオは全てAMも入るので、あまりメリットはありませんが、デジタル選局のものはやはりダメですね。結局、聴けたのはツマミを回して選局するタイプの古いラジオだけでした。

FMということで、さすがに音は良いですね。我が家は電波が届くギリギリだと思いますが、ノイズもほとんどなく良好に受信できました。ラジオを聴くことはあまりありませんが、いざというとき(災害時など)役に立つかもしれません。

コメント (0)

2015年11月23日

ターミネーター:新起動/ジェニシス

ターミネーター:新起動/ジェニシスのBlu-rayが出ていたので買ってきました。


ターミネーター:新起動/ジェニシス ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]
まるで新シリーズのようなタイトルで、序盤のストーリーも1作目のリメイクかと思わせる展開でしたが、そのあとは予想外の連続でした。なんだかんだで歴史が変わらず、予想された未来へ一直線だったこのシリーズですが、ついにタイムパラドックスを描くようになったのですね。話としてはありがちだけど、なかなか面白かったです。続編もあるようなので楽しみです。

映像も素晴らしいですね。今更CGを使ったSF映画に驚くことはないと思っていましたが、ヘリの戦闘シーンなどはかなり引き込まれました。また、シュワルツェネッガーも、さすがに年齢的に無理があるだろうと予想していましたが、それをうまく利用した設定を出してきましたね(笑) これなら次も大丈夫そうです。

音声はドルビーデジタル 5.1chの日本語吹替で視聴しましたが、自然な包囲感で楽しめました。ちなみに英語音声のほうはドルビーアトモス仕様なんですね。うちには再生環境がないけど(下位互換性があるので無印相当では再生可能)今後はこれが主流になっていくのでしょうか。今のAVアンプは壊れるまで使うつもりですが、もう新しい音声フォーマットには数世代くらい置いてかれてます(^^;)

コメント (0)

2015年11月20日

EarPods

iPhone 6sに付属していたアップルの新しい純正ヘッドフォン、EarPodsを試してみました。 まあ、新しいと言っても登場したのはiPhone 5の頃なので、今更ですけどね(^^;)


Apple EarPods with Remote and Mic MD827FE/A バルク品
まず驚いたのは、綺麗な収納ケースに入っていたこと。本体とリモコン部分を"型"に収めて、ケーブルをグルグル巻いて蓋をするという、慣れるまでちょっと面倒な構造ですが、なかなかクールですね。

耳に挿入してみると、かなりフィット感があります。素材は樹脂ですが、コンセプトはカナル型に近いですね。以前のような、おわん型のタイプは装着ポジションが難しいけど、これは良いですね。装着しやすさという意味では、カナル型よりも上かもしれません。音の良し悪しはまだ分かりませんが、同じボリューム位置でも以前のものより大きな音が出ているように感じました。これで音漏れもカナル型並に少なければ最高ですね。

まあ、私はこの手のヘッドフォンを外で使うつもりはありません。でも家では意外と使います。例えばエアロバイク(いまだに続けています)をやるとき。またPCやシンセのモニター用です。特にテレビを見ながらシンセを弾いたりするときに重宝します。私は夜中は大きなワイヤレスヘッドフォンでテレビを見ているのですが、小さなヘッドフォンをした上に、そういう大きなヘッドフォンをつけると両方の音が聴こえて、簡易ミキサーのように使えるのです(^^;) これ、何気に便利なので、よくやっています。

コメント (0)

2015年11月18日

Amazon Prime Music

Amazonがプライム会員向けにPrime Musicという無料の音楽配信サービスを始めました。この手のサービスにはこれまで興味がなかったのですが、無料となれば話は別です!(^^;) せっかくプライム会員になったんだし、どういったシステムなのかも気になったので、ちょっと試してみました。

まずPCでは、普通にWebブラウザで対象の曲やアルバムを選んで「ライブラリに追加」すると、そこでストリーミング再生できるようになります。データはAAC(最大256kbps)だそうです。無料となれば曲を選ぶのに深く悩む必要もないし、フルサイズの試聴のような感覚で使えますね。アルバムを何枚か再生してみましたが、非常に快適です。WindowsマシンのほうにはDACも繋いであるので、そちらで仕事中のBGMとして流しておくような使い方をしていこうと思っています。

スマートフォンでは専用アプリで再生することになりますが、事前に曲データをダウンロードしておくことで通信環境がない場所での再生にも対応しているそうです。一応iPhoneにインストールしておきました。使い勝手も良さそうだし、なかなか好印象です。

あとは私の場合、自室のちゃんとしたオーディオ機器やカーオーディオで聞く手段があると嬉しいんですけどね。今はそれぞれUSBメモリやSDメモリカードから再生しているのですが、それはできません。いちばん簡単なのは、やはりiPhoneを繋ぐ方法でしょうか・・・。

コメント (0)

2015年11月 5日

ソニー MDR-DS4000 電池交換 その後

10/17の日記のその後です。あれからeneloopで何の問題もなく使えていますが、1つ不便になったところがあります。純正の電池じゃないと、専用の充電器(というか送信機本体)に乗せても充電されないのです。

MDR-DS4000 & eneloop純正の電池は単4型のニッケル水素電池の両極に四角いプラスティック部品をくっつけたような形状をしているのですが、どうやらこれがないと充電できないメカニズムになっているようです。更に、この部品のせいで、純正電池は他の充電器では充電できません。何気に徹底していますね。

急速充電でもないニッケル水素電池の充電に、それほどリスクがあるとは思えなかったので、試しにこの部品を純正電池からペンチでむしり取ってeneloopに取り付けてみたところ、問題なく充電できました(^^;) しばらくこれで使ってみようと思います。

コメント (0)

2015年10月17日

ソニー MDR-DS4000 電池交換

10年くらい前に購入した、ソニーのワイヤレスヘッドフォンが突然、ブーンという大きなノイズを発して、そのあと全く音が出なくなりました。10年間、ほぼ毎日のように使っているので、もういつ壊れてもおかしくありません。ついにその日が来たかと諦めかけたのですが、次は何を買おうかと考えているうちに、ふと思い当たりました。

このヘッドフォン、当たり前だけど電池が入ってるんですよね。標準の電池は単4型のニッケル水素充電池2本をちょっと加工したようなものなのですが、普通の電池も使えるようになっています。試しにeneloopを入れてみたところ、問題なく動作しました。心なしか、音が良くなったような気もします(^^;)

専用のスタンドに乗せると充電される仕組みなので、この10年間、あまり意識せず毎日充電していたことになります。当然、寿命が来てもおかしくありませんね。気になってテスターで電圧を測ってみたところ、1.0Vほどでした。普通の(1.2Vの)のニッケル水素電池は満充電で1.3〜4Vくらいあるはずなので、明らかにおかしいですね。つまり、このヘッドフォンは、だいたい2Vを切ると正常動作しなくなるようです。

しかし、汎用の電池が使えるようなっているのは非常にありがたいですね。これで、あと10年は戦えそうです(笑)


関連リンク
ソニー MDR-DS4000 電池交換 その後 (2015年11月05日)

コメント (0)

2015年9月13日

Logicool Z120BW

一昨日の日記のその後です。シンセのためにPC用の小さなアクティブ・スピーカーを買いました。モノはLogicoolのZ120BWです。1,500円くらいでした。


LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW
最初はもう少し大きめの3千円くらいの製品にしようと思って探していたのですが、これ、Amazonでやけに評判がいいんですよね(^^;) 既に生産は終了しているようですが、安いしデザインも悪くないし、即決しました。

さっそく試してみましたが、非常に満足です。思ったより低音も出るし、高音までバランスよく美しく鳴ってくれます。0.6Wなので大きな音は出ませんが、今回の用途にはこれで十分です。やはりFM音源+デジタル・リバーブは最高ですね。ちゃんとステレオ空間の真ん中で聴かないとだめだと再認識しました(笑)

20150913-0003.jpg設置はゴム製のブロックを台にしてあります。左右のスピーカーは逆に配置してありますが、これは配線の都合です(^^;) この手のスピーカーは片方のスピーカーに(たいてい右側に)アンプが内蔵されていて、そちらにケーブル類を接続するようになっているのですが、主要な機材が左側にあるので、このほうが都合が良かったのです。音声は変換ケーブルなどを介してパッチベイに繋いであるのですが、その接続も左右を逆にしてあります。

電源はUSBから取る仕様ですが、iPhoneに付属していたACアダプタが余っていたので、それを使いました。コンパクトで便利ですね。

しかし、アクティブ・スピーカーは昔と比べて、もの凄い進化を遂げていますね。一昨日の日記で書いた古いのと比べると別次元です。可能なら直そうと思って取っておいたけど、このまま捨てることにします。

コメント (0)

2015年9月 1日

SONY RM-PLZ530D その後

7/30の日記のその後です。新しい学習リモコンを購入してから1ヶ月ほどたちました。

なかなか快適です。基本的な機能については前回の感想からほとんど変わっていませんが、やはり赤外線の出力が大きいのが凄く良いですね。ボタンも軽く押すだけで動作するので、操作感も最高です。

たまに、どのボタンに何を学習させたか忘れてしまうことがあって、液晶画面がないことが残念に感じたことはありますが、それ以外はほとんど不満はありません。

ちなみにこのリモコン、裏側がカマボコ型になっていて、通常はボタン面を下にして置くのが正しいようです。埃になりにくいというメリットがあるのですが、その反面、テーブル等に置いたままボタンを押すのが困難です。私は普段そういう使い方はしませんが、その点は要注意かもしれません。

また、裏面にして置く習慣ができると、他のリモコンもそうしたくなって困ります。例えばPS3のBDリモコンは形が似てるので、何度かやってしまいました(^^;) このリモコンだけは学習できないので(赤外線式じゃないので)ホント困ります。

コメント (0)

2015年7月30日

SONY RM-PLZ530D

昨日の続きです。新しい学習リモコン、RM-PLZ530Dを1日使ってみたので、ファースト・インプレッションです。主に以前のRM-PL1400Dとの比較になります。

以前より低価格の製品に買い替えたということで、当然ですがスペックダウンした部分があります。まず、登録可能な機器数が10から8に減りました。以前はなんだかんだとあまり使わないものまで登録していたのですが、今後は必要なものだけに限定する必要がありそうです。ただ、登録数は8に減りましたが、それぞれの機器を呼び出すのに専用ボタンがちゃんと8つ分あるので便利です。以前は4つは専用ボタンで呼び出せたけど、他はボタンを何度か押して呼び出す必要がありました。

次に、これは買う前から分かっていて悩んだのですが、ボタンに照明がなくなりました。ホームシアター用途で使うには暗い場所でも見えるよう照明があると便利なので、これは以前は必須条件だったんですけどね・・・。でもそういう製品がないのだから仕方ありません。それに、これで困るのは年に数回だと思うので、きっぱり諦めました。

新しいリモコンには液晶などの表示画面もないのですが、これは意外と問題なさそうです。買う前は少し不満だったのですが、使ってみると、あまり必要ないなと思うようになりました。どのボタンにどんな機能を登録したかが確認できませんが、逆に以前はボタンごとに自分で文字列(ボタン押すと画面に出る)を登録するのが、かなり面倒でした。

新しいリモコンのほうが優れている点としては、まずリモコンの信号が非常にハイパワーになりました。どんな機器でもあまり方向を意識することなく操作できます。例えば、うちのオーディオ・アンプなどはかなりリモコンの効きが悪かったのですが、見違えるほど操作しやすくなりました。送信のためのLEDを3個使っているそうですが(以前のは2個だった)リモコンの効きの良し悪しは使い勝手に大きく影響するので、嬉しいですね。

ボタンの数自体も、以前よりかなり増えました。デジタルテレビやBDレコーダーなど、最近のAV機器を対象に作られているためでしょうね。以前はレコーダーなどボタンの多いものは、基本的な機能も十分に登録できず、やりくりに苦労したのですが、今度のは十分です。余っているボタンにも色々と割り当てて使えそうです。ボタン自体も感触がソフトで押しやすいような気がします。

以上、今のところ大きな不満はありません。値段が以前の1/3だということを考えると、大満足ですね。


関連リンク
SONY RM-PLZ530D その後 (2015年09月01日)

コメント (0)

2015年7月29日

SONY RM-PL1400D 故障

8年半くらい前に買ったソニーの学習リモコンが壊れました。昨日の夜、テレビの電源を入れようとボタンを押したところ、なぜかリモコン上の画面に文字が表示されません。電池が切れたのかと思って交換してみたのですが、同様です。リモコンの信号は出ているので、どうやら画面(有機ELディスプレイ)だけ壊れたようです。


SONY リモートコマンダー PLZ530D ブルー RM-PLZ530D L
騙し騙し使えなくもないのですが、表示が見えないと操作が困難な機能もあるし、そもそも新たに学習できません。だいぶ長いこと使ったので、この機会に買い換えることにしました。

情報収集してみると、8年前と比べて選択肢がだいぶ減っていますね。事実上、ソニーくらいしか積極的に製品を出しているところはないようです。ただ、以前より凄く安くなっていて、そこは嬉しいですね。登録可能な機器数の違いで3種類あるのですが、迷わず最上位のRM-PLZ530D(青)を買いました。これでも実売3千円台です。以前のは1万円くらいしたので、ざっと1/3ですね。表示画面やボタンの照明がないので安いのだと思います。

寝る前にヨドバシに注文したものが今日の午後には届きました。さっそく主要な機器を設定して使ってみましたが、とりあえず問題はなさそうです。詳しくは、また後日。

そういや、こないだのエアコンに続き、今月はリモコンが2つも壊れたことになるわけですね・・・。

コメント (0)

2015年7月20日

トロン:レガシー

友人がAVアンプと5.1ch.のスピーカーを買ったという話をしているのを聞いて、久々に映画が見たくなりました。そういえばもう長いこと(1年近く?)見ていませんでしたが、最近あまり見たいものがないんですよね。


トロン:レガシー ブルーレイ(デジタルコピー & e-move付き) [Blu-ray]
せっかく連休だし何か安いBlu-rayを買いに行こうかとも思ったのですが、暑くて面倒なので、PlayStaton Storeでレンタルして見ることにしました。モノはトロン:レガシーです。80年代に作られたトロンではなく、2010年のリメイク作のほうです。HDとSDが選べたので、迷わずHDを借りました。400円です。

昔のトロンは子供の頃、テレビ放送で何度か見たことがありますが、こちらは全く違いますね。別の作品と考えたほうが良さそうです。話がよく分からないところもありましたが、映像は綺麗だったしアクションもなかなかで、最後まで退屈はしませんでした。とは言え、もういちど見たくなるような作品でもなかったので、レンタルで正解かもしれません。まあ、そういう作品を選びました(^^;) 見てみたいけどBDを買うほどではないなと思うものはたくさんあるので、そういうのは今後もレンタルで済ませるのが良さそうですね。

ちなみに、これまでにもPlayStaton Storeで動画をレンタルしたことはあるのですが(何度かアニメとかを借りたことがある)ちゃんとしたホームシアターのシステムで見たのは初めてです。うちはPS3が常にAV機器と接続してあるので、購入から視聴まで、非常に快適です。

クオリティについては、1つの作品を見ただけでは語れませんが(作品によって差もあるでしょうし)映像はBlu-rayには少し及ばないレベルでしょうか。ただし、80インチの画面で見た印象なので、普通のテレビなら大差ないかもしれません。音声は無印dtsに比べてもクオリティが低いように感じましたが、日本語と英語、2ch.と5.1ch.の切り替えが可能(ただし作品による)なのは良いですね。ホームシアター用のソースとして今後も選択肢の1つとなりそうです。

コメント (0)

2015年7月12日

インターネットラジオ

最近、よくインターネットラジオで音楽を聴いています。1年ちょっと前に購入したネットワークオーディオプレイヤーに受信機能があるので、主にそれで聴いているのですが、実は買って1年くらいは使ったことがありませんでした。でも、ちょっと前に気まぐれで聴いてみたところ、なかなか楽しくて、今ではハマりつつあります(^^;) 中にはかなり高音質なラジオ局もあって、ちゃんとしたオーディオセットで聴くと、それなりに楽しめるんですよね。

ラジオ局の数はかなり多く、最初は選ぶのが大変でしたが、ジャンルごとに専門局がたくさんあるのが良いですね。例えばクラシックが聴きたいとき、ジャズが聴きたいとき等々、それぞれ専門局を視聴すれば良いので、気に入った局を覚えてしまえば(お気に入り登録できる)快適です。そういった専門局は基本、音楽が続けて流れているだけなので(途中、たまにラジオ局のジングルが入ることはある)普通のラジオのように、くだらないおしゃべりを聞かされることもありません。

欲を言えば、いま流れているのは誰のなんて曲なのかが分かると嬉しいんですけどね。Webだと分かるのでしょうか? 気に入った曲はCDを買ったりして趣味を広げていきたいのですが、今のところ、そこまではできそうにありません。

コメント (0)

2015年7月 2日

私的録画補償金制度 終了?

Tmedia ニュースの記事で知ったのですが、3月末に私的録画補償金管理協会が解散していたそうですね。コピー防止策のあるデジタル放送に私的録画補償金は不要だと協力を拒否した東芝を、裁判で訴えて負けたことがきっかけだそうですが、あっけない幕切れですね(^^;) 私はレコーダーでDVDに焼いたりすることはないので関係ありませんが、利用していた消費者にとっては良い結果ですね。

一方、私的録音補償金管理協会のほうは存続しているようです。テレビ放送と違って、音楽CDなどは依然として自由にコピーできるわけで、そういう意味ではまだまだ補償金を徴収する根拠があるということでしょうか。でも、この時代にどれだけの人がそういった目的でCD-Rを買うのか、ちょっと疑問ですね。

そういえば、ちょっと前まではiPod等のデジタルプレイヤーにも補償金をかけたいなんて議論もありましたが、あれも最近あまり聞かなくなりました。でも、そのうち再浮上してくるのかもしれませんね。

コメント (0)

2015年6月17日

BOØWY ハイレゾ配信

6月24日にBOØWYの楽曲のハイレゾ配信が開始されるそうです。若い方はご存じないかもしれませんが、80年代に大ヒットした日本のロックバンドです。私は高校時代が彼等の全盛期と重なるのですが、ぶっちゃけハマりにハマりましたね(^^;) コピーバンドもやったし、東京ドームの"LAST GIGS"にも行きました。言葉では言い表せないくらいの思い出があります。

どうやら、まずは3rdアルバムの「BOØWY」にボーナストラックを追加した「BOØWY+1」が配信されるようです。ハイレゾ配信だけでなく、8月にはアナログ・レコードやBlu-ray Audioも出るそうです。何気に本気ですね。

当然、今後は他の作品も配信されるのでしょうが、なぜ3rdアルバムが最初なのか疑問です。まあ確かに初期のアルバムは(特に1stは)ハイレゾ化する価値があるかどうか微妙なところですが、ビッグアーティストなんだし、6枚全部やって欲しいですね。でも、かなりの値段になるだろうから、買うかどうかは悩みますけどね(^^;)

コメント (2)

2015年3月22日

パブリックドメインのクラシック音楽データ

クラウドファンディングで資金を集め、クラシック音楽の演奏を録音し、パブリックドメイン(著作権放棄)のデータとして公開するプロジェクトがあるそうです。(スラッシュドット・ジャパンの記事で知りました) 2012年にバッハのゴルトベルク変奏曲が公開されていて、更に今回、同じバッハの平均律クラヴィア曲集(第1巻)が完成したそうです。データはCDでも販売されるようですが、誰でも自由にダウンロードすることが可能です。実際に試してみました。

データ形式は色々あるのですが、せっかくだから最高音質のものをとロスレスの(FLACの)データをダウンロードしました。容量はそれぞれ1〜2GB程もあり、どうやら24bit/96KHzのハイレゾ音源のようです。ちゃんとしたオーディオセットで1時間ほど聴いてみましたが(全部だと凄く長い)ハイレゾらしい非常に高音質な録音でした。

演奏はKimiko Ishizakaさんという方で、日本で活躍されてはいないのか(ドイツ系日本人?)あまり情報がありません。でも、普通に良い演奏だと思います。(というか、素人の私には分かりません(^^;) ) 私はバッハが好きで、この2作の他の演奏家のCDは持っているのですが(特にゴルトベルク変奏曲は何枚かある)その中でも最高音質だし、十分に楽しめそうです。

非常に面白い試みなので今後も続けて欲しいですね。順当に行けば次は平均律クラヴィア曲集の第2巻だと思いますが、できれば、そんな大作ではなくても良いから、もっといろんな作曲家の曲が揃うと面白いのではないかと思います。

コメント (5)

2015年2月 7日

DENON DNP-F109 その後6

昨年6/4の日記のその後です。最近ほとんど話題にしていませんでしたが、今でも日常的に愛用しています。


SP シリコンパワー USB3.0 USBメモリ(回転式カバー) Blaze B30 32GB ブラック 最大読込速度90MB/s 最大書込速度40MB/s Mac対応 日本語パッケージ品 SP032GBUF3B30V1K
ハイレゾの楽曲は、それほどたくさん購入しているわけではありませんが、所有しているCDのリッピングを続けていたら、ついに32GBのUSBメモリが一杯になってしまいました。やはりロスレスだと容量を食いますね。

そこで、もう1本32GBのUSBメモリを購入して、ジャンルで分けることにしました。私の場合、クラシックとジャズで1本、その他のポピュラー音楽で1本と分ければ、だいたい半々になるようです。

USBメモリは同じデザインだと区別がつきにくいので、今回はシリコンパワーのBlaze B30を買ってみました。回転式カバーの製品は初めてですが、90度ごとにカチっと動くので使い勝手も悪くないですね。欲を言えば、もう少しホコリが入らないような構造だと嬉しいのですが、贅沢な悩みでしょうか。

コメント (0)

2014年12月29日

オーディオセレクター+ボリュームの自作 その4

21日の日記のその後です。完成してから1週間ほど使ってみました。動作も音も全く問題ありません。単純な回路とは言え、素人の工作が最初からここまでうまくいくとは思いませんでした。大満足です(^^;)

音に関しては、やはりシンプルなのがいちばんだなと改めて感じました。こうなると今の大出力なアンプにボリュームを追加した構成は、やはり無駄に感じますね。低出力かつ高音質のアンプが欲しくなります。機会があれば、仕事部屋で使っている5Wのパワーアンプを試してみたいですね。良い結果が出るのではないかと思います。

あとは電気工作第2弾として、また何か作りたいですね(^^;) 次はアンプといきたいところですが、さすがに設計は無理なので、作るとすればキットでしょうか。ちょっと考えてみたいと思います。

コメント (0)

2014年12月21日

オーディオセレクター+ボリュームの自作 その3

昨日の続きです。一応、完成しました。ケースはちょっと小さすぎたかもしれません。将来のことを考えて配線を長めにしたら、ぎゅうぎゅうになってしまいました(^^;) ケーブルの弾力でフタが浮いてしまうので、とりあえずセロテープで固定しています(笑) 何か、これをワンタッチで開閉できるようにする、クールな部品はないですかねぇ。

20141221-0003.jpg置き場所は、オーディオラックの上に置いてあるレコードプレイヤーの後ろのデッドスペースにしました。以前のパッシブボリュームもここに置いてあったのですが、こうやって見ると、もう少し大きなケースでも大丈夫ですね。

動作や音も問題ありませんでした。いや、音はかなり良くなったように感じます。特にヘッドフォンアンプ経由の音は見違えました。やはり、余計な回路をたくさん通って減衰した信号ではダメだったんですね。このセレクターではスイッチを2つ通るだけなので、かなりダイレクトです。

もう一方のプリメインアンプのほうは、経路的には大きな違いはないのですが、やはり少し音が良くなったような気がします。ボリュームのパーツの差でしょうか。ちなみにこのボリュームはアルプスのRK27112A (10KΩ)です。

素人設計ということで不安だったノイズ面も、特に問題なさそうです。音に関しては、これ以上のものは私には無理かもしれません。試作機のつもりでしたが、しばらくこのまま使おうと思います。

あとやれることと言えば、ケース内に余裕を持たせて、配線を見直して、ケーブルの素材を良くするくらいですかね。それでも、劇的な音質向上は望めないような気がします。ちなみに今の内部配線は、余っていたスピーカーケーブルを利用しています(^^;)


関連リンク
オーディオセレクター+ボリュームの自作 その4 (2014年12月29日)

コメント (0)

ページ: << < 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >>