2012年1月15日

ダイ・ハード 3

昨日の続きです。3作目を見ました。これも2回くらいはテレビで見たことがあるので、よく覚えていました。当時、この話はなんとなくオリジナリティに欠けるような気がしてあまり好きではなかったのですが、改めて見てみるとわりと面白いですね。アクションシーンも多く、楽しめました。

音声はいつもどおりdts 5.1ch.の日本語吹替で視聴しましたが、ちょうどドルビーデジタル時代に入った頃の作品なので、2作目までとは明らかに違いますね。銃弾が前後に飛び散るようなシーンもありました。

残る4作目は初視聴になりますが、見られるのは来週末ですかね・・・。


関連リンク
ダイ・ハード 4.0 (2012年01月21日)

コメント (0)

2012年1月14日

ダイ・ハード 2

先週末に引き続き、2作目を見ました。この作品も何度かテレビで見たので、かなり覚えていました。インパクトのある登場人物とストーリーの緻密さは継承されていますが、やはり私は1作目のほうが好きですね。

SFやファンタジーではないので当然かもしれませんが、映像も全く古さを感じさせませんでした。ただ、携帯電話が普及する以前の話なので、そこだけは違和感ありますね(^^;)

音声はdts 5.1ch.の日本語吹替で視聴しましたが、印象は1作目と同じでした。ドルビーステレオ時代のサラウンド感は、やはりこんなものなんですかね。とはいえ、高音質ではあったし、映画を楽しむという意味では全く問題ありません。


関連リンク
ダイ・ハード 3 (2012年01月15日)

コメント (0)

2012年1月10日

ダイ・ハード クアドリロジー ブルーレイBOX

Amazonでダイ・ハード クアドリロジー ブルーレイBOXが期間限定特価3,740円で売っていたので買ってみました。


ダイ・ハード クアドリロジー ブルーレイBOX(初回生産限定) [Blu-ray]
1〜3作目はテレビで見たことがありますが、全4作品収録でこの値段なら、かなりお買い得ですよね。(現在は5,025円になっているようです。)

週末に1作目を見たのですが、今でも全く古さを感じさせないクオリティですね。ストーリーも(4作目は見ていませんが)私はこの1作目がいちばん好きです。

音声はdts 5.1ch.の日本語吹替で視聴しましたが、音質自体は良かったと思います。BGMなどはかなり楽しめました。ただ、リアスピーカーは残響音程度にしか使われていないようで、音が前後を動くような派手なエフェクトは、ほとんど感じられませんでした。まあ1988年の作品ですから、そこは仕方ないですかね。


関連リンク
ダイ・ハード 2 (2012年01月14日)

コメント (0)

2012年1月 3日

エイリアン4

昨日の続きです。4作目を見ました。今回も完全版のほうです。

昨日、4作目も見たことがあると書きましたが、どうも見ていなかったようです(^^;) よく考えてみると1997年の作品ですから、テレビで見たとすればその数年後。当時はもう見たい映画があればLDやDVDを買っていましたから、可能性は低いですね。記憶にあったシーンは別の作品だったのでしょう。

というわけで初めて見たわけですが、設定にはだいぶ無理がありますね。リプリーをクローン再生するまではいいけど、体の中の女王まで復活するというのはどんなもんでしょう。新ヒロイン的な役回りのコールは良かったけど、この作品自体にそろそろ限界を感じました。最後はまだ続きそうな終わり方でしたが、さすがにリプリーを主人公にした話はもう(女優さんの年齢的にも)無理ですかね。

映像はかなり良かったです。グロさ満点でしたが、デジタル時代に入って、おそらくエイリアンもCGなのでしょう。全く違和感ありませんでした。

音声は例によってdts 5.1ch.の日本語吹替ですが、派手さはないけど良かったと思います。ホラーっぽい、ビクっとするシーンもありました。

以上、4日連続で1〜4を見たわけですが、さすがにちょっと食傷気味ですね(^^;) 次は何か明るい作品を見たいです。

コメント (0)

2012年1月 2日

エイリアン3

昨日の続きです。3作目を見ました。今作も監督さんが変わっていますが(4作すべて違うようですね)時間の長い完全版のほうを見ました。

最初、ほとんど記憶にないシーンの連続で、もしかして見たことがなかったかなと考えながら見ていましたが、話が進んでいくうちにだんだん思い出してきました。更に、私は4作目も見ていますね。記憶に残っているシーンがいくつかあるのですが、3作目までに出てきていません。テレビで見たのだと思いますが、なんだかんだ言って意外と気にしていたのかもしれません。

映像はほぼ全編、薄暗い刑務所の中ということであまり見るべきものはありませんでしたが、製作時期が新しくなってきて、現代の作品と遜色なくなってきましたね。ただ、エイリアンと背景との合成は違和感のあるシーンが多かったように思います。

音声はいつもどおりdts 5.1ch.の日本語吹替で視聴しました。今回はかなり地味というか、意外と静かな映画でしたね。


関連リンク
エイリアン4 (2012年01月03日)

コメント (0)

2012年1月 1日

エイリアン2

昨日の続きです。2作目を見ました。こちらも劇場公開版と完全版が収録されていますが、今回も後者を見ました。時間も長く、155分の大作です。

監督さんが変わっているせいか、1作目とだいぶ雰囲気が違いますね。軍人が出てきて戦闘シーン満載という、よくあるアクション映画風になりました。これはこれで悪くないけど、やはり私はSF色が濃くて芸術的だった1作目が好きですね。

映像はさすがに進歩を感じますが、相変わらず劇中に登場するコンピュータのデザインは古臭いです。モニタ画面はブラウン管で、モノクロのテキスト表示ですからね。現代のPCのほうがよほど未来的です。ちなみに物語の舞台は2144年(1作目は2087年)だそうです(^^;)

音声はdts 5.1ch.の日本語吹替で視聴しました。1作目同様、楽しめましたが、静かなシーンからドカンと大きな音が出るような演出はあまりなかったので、1作目ほど怖くはありませんでした。


関連リンク
エイリアン3 (2012年01月02日)

コメント (0)

2011年12月31日

エイリアン

一昨日の日記のその後です。まずは1作目を見ました。

劇場公開版とディレクターズカット版が収録されているのですが、LDは前者だったので後者を見てみました。追加シーンは、おそらく船長がまだ生き残っていたとかいう、あのあたりですかね。それ以外の違いは分かりませんでしたが、初めて見るわけでもないのに結構ハラハラして、見終わったあとは少しぐったりして動く気になれませんでした(^^;)

映像も30年前の作品にしては綺麗で、違和感なく見られました。所詮DVDは35万画素程度なので、Blu-rayの200万画素は古い映画にも有効ですね。画質を抜きにしても、この作品の映像はなかなか見事だなと改めて思いました。

音声はdts 5.1ch.の日本語吹替で視聴しました。LDではドルビーサラウンドしかなかったので、こちらも楽しみにしていました。普段あまりホラー映画は見ない私ですが(この作品がホラーかどうかはさておき)デジタル 5.1ch.だと心臓に悪いシーンも多いですね。分かっていてもびっくりします(^^;)


関連リンク
エイリアン2 (2012年01月01日)

コメント (0)

2011年12月30日

バビロンA.D.

バビロンA.D.のBlu-rayを買ってきました。


バビロンA.D. [Blu-ray]
近未来SFということで気になっていたのですが、話はちょっと物足りなかったですね。基本設定は面白いので、あともう少し練れば良い話になったと思うのですが、ちょっとアクション優先になってしまっている気がしました。終盤はそこそこドラマティックで結末も意外だったけど、ハッピーエンドとは言えないですね。

映像はそこそこ楽しめましたが、クルマや飛行機など、未来なのに20世紀みたいなデザインのものがたびたび登場して「あれ?」っという感じでした(^^;) 地図とかホテルの設備とか、一部は凄く未来的なのに・・・。

音声はdts 5.1ch.の日本語吹替で視聴しましたが、かなり迫力があって楽しめました。サラウンド感は抜群ですね。ロック調の音楽も多くて良かったです。

コメント (0)

2011年12月29日

エイリアン・アンソロジー ブルーレイBOX

年末年始は映画を見て過ごそうと、エイリアン・アンソロジー ブルーレイBOXを買いました。


エイリアン アンソロジー ブルーレイBOX(4枚組)(初回生産限定) [Blu-ray]
シリーズ全4作が収録されているのですが、実は1作目はLaser Discを持っています。2〜3作目はテレビで見たことはあるはずですが、内容はよく覚えていません。4作目にいたっては、見たかどうかの記憶すらありません(笑)

つまり、それほど思い入れのある作品ではないのですが、それでもSFとしてはかなり好きな部類です。宇宙船内の生活っていうのは、ちょっとした憧れがあるんですよね(^^;) 大画面&サラウンドで見るのが楽しみです。

なお、今回はいつものAmazonではなくヨドバシで買いました。ちょっと高いけど、先日エアコンを買ったときにポイントが5千円分くらい付いたので、実質3千円です。

他には、ダイ・ハードやジュラシックパークのBD BOXも良いなと思ったのですが、今回は断念しました。でもどちらも安いので、そのうち買ってしまうかもしれません。


関連リンク
エイリアン (2011年12月31日)

コメント (0)

2011年12月26日

HDプロジェクターでDVD

週末にHDのプロジェクターでDVDを見てみました。これまでBlu-rayしか見たことがなかったけど、どれくらいの画質になるのか、果たして満足できるだろうかと、ずっと気になっていました。

モノは90年代に発売された洋画のDVDですが、思ったより見られますね。PS3のアップコンバートが入っているとはいえ、以前のSDのプロジェクターとは別物でした。シーンによってはノイズが目立つものの、解像度の低さはあまり気になりません。特に人の顔などは全く違和感ないですね。むしろBlu-rayのほうが俳優さんのお肌のシワなどが見苦しく感じます(^^;)

いちばん違いが分かるのは字幕ですね。Blu-rayが全く違和感のない綺麗な文字なのに対して、DVDはジャギーの出たギザギザ文字です。初めてDVDを見た頃は、Laser Discに比べて字幕が綺麗だなと思ったものですが(当時はブラウン管のテレビでした)時代は変わりましたね。

コメント (0)

2011年12月24日

X-MEN ファイナルディシジョン

18日の日記の続きです。シリーズ3作目、X-MEN ファイナルディシジョンを見ました。


X-MEN:ファイナルディシジョン [Blu-ray]
2作目の直後の話なのでしょうか。意外なストーリーでしたが、なかなか面白かったです。レギュラー陣がかなり死んでしまって本当に完結なのだなと思っていたら、最後には二人の復活を匂わすようなシーンもあったりしてニンマリでした。

映像も綺麗で楽しめましたが、1作目から6年ほどたっているせいか、俳優さんたちもだんだんお年を召してきていますね。前2作との変化が気になって仕方ない人もいました(^^;) そんな中、ストームだけはますます魅力的でしたけどね!(笑)

音声はdts 5.1ch.の日本語吹替で視聴しましたが、良かったと思います。

この3部作以外にもいくつか作品があるようなので、機会があれば見てみたいです。

コメント (0)

2011年12月18日

X-MEN2

X-MEN2のBlu-rayを買いました。先日見た1作目の続きです。


X-MEN2
なかなか面白かったです。話としては前作よりも更に良かったですね。かつての敵と共闘するような燃える展開もあったし、私はこういうのが好みです(^^;) 最後、メンバーが一人死んでしまう話は必要だったのか疑問ですが、それ以外は文句なしに楽しめました。ストームも相変わらず素敵だ(笑)

アクションシーンでは、戦闘機による空中戦や、樹脂製の牢獄からの脱出劇などが良かったですね。

音声はdts 5.1ch.の日本語吹替で視聴しましたが、こちらも普通に良かったと思います。

実は3作目も買ってあります(^^;) 見られるのは来週末ですかね。

コメント (0)

2011年12月11日

ロビン・フッド

ロビン・フッドのBlu-rayを買いました。何度か映画化されていますが、2010年のラッセル・クロウ主演のものです。


ロビン・フッド
リドリー・スコット監督とラッセル・クロウのコンビというとグラディエーターが有名で私も大好きなのですが、ロビン・フッドは若者というイメージがあったので、あのおっさんで大丈夫なのかなと疑問に思っていました(^^;) そんなわけで興味は持ちつつ、これまで買うのを躊躇っていました。

内容は私が知っているロビン・フッドとはちょっと違いました。というか、子供の頃に本を読んだくらいなのであまり覚えていないのですが、これは過去を描いているんですかね? まだまだこれからというか、続きがありそうな終わり方でした。

ただ、全体的にはかなり面白かったです。グラディエーターと似通った部分もありますが、ストーリーとしてはこちらのほうがまとまっていますね。最後の戦闘シーンも大迫力でした。マリアンまで戦うのはどうかと思いましたけどね(^^;)

映像も最高でした。フランスとイギリスが主な舞台ですが、美しい風景と牧歌的な田舎の雰囲気が堪能できました。

音声はdts 5.1ch.の日本語吹替で視聴しましたが、とても良かったです。ただ、グラディエーターはBGMも凄く印象的だったのですが、この作品はその点、少し物足りなかったかもしれません。劇中で歌われているイングランド民謡(?)などは楽しめましたけどね。

私の世代だとケビン・コスナー主演のロビン・フッドも思い出深いです。そちらは昔テレビ放映で見たくらいでDVD等は買ったことがないのですが、改めて見てみたくなりました。

コメント (0)

2011年12月 4日

パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉

パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉のBlu-rayを買いました。シリーズ第4作です。


パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉
2〜3作目があまり面白くなかったので今回は買わないつもりだったのですが、最近またホームシアター熱が高まっているせいか、けっきょく買ってしまいました(^^;)

話は前回で一区切りついたので、今回は新しいエピソードです。一応ちゃんと完結もしています。ただ、相変わらずオカルト要素満載だし、話も筋が通ってないと思えるところが多いですね。でもまあ、登場人物は個性的で良かったし、飽きずに楽しめました。今回は特に人魚の扱いが面白かったですね。

映像も綺麗だったけど、あまり大画面で見たいとは思えない風貌の方々が多かったのも確かですね(笑) アクションシーンは普通に良かったです。

音声はdts 5.1ch.の日本語吹替で視聴しましたが、サラウンドのバランスは良いけど音質自体はあまり良くなかったように思います。特にBGMが気になりました。吹替はレートが低いのでしょうか? でもまあ、演出自体は派手で楽しめました。

最後、次への伏線と取れるシーンもありましたが、5作目はあるんですかね? 今度こそ、買うべきか迷うな・・・。

コメント (0)

2011年12月 3日

X-MEN

2000年に公開された映画、X-MENのBlu-rayを買いました。


X-MEN
私はアメコミはちょっと苦手で、実写化された映画なども普段はほとんど手を出さないのですが、この作品は以前から友人に勧められていて興味を持っていました。安かったので買ってみました。

内容は意外にマンガっぽさがなく、普通に楽しめました。政治的な話があったり、細かい設定もよく考えられていて、ちゃんとハリウッド映画らしかったです。これなら機会があればシリーズ2作目以降も見てみたいですね。奇抜な格好(笑)の登場人物も意外とすんなり受け入れられました。特にストームは(能力は恐いけど)素敵ですね!(^^;)

映像も綺麗でした。まあ、HDプロジェクターで見るBlu-rayはどれも綺麗で、もう作品ごとの評価はできないかもしれません。ここまで見た映画、みんな綺麗です。もっと目が肥えていかないとダメですね。

音声はdts 5.1ch.の日本語吹替で視聴しましたが、かなり良かったと思います。序盤の雨のシーンから物語にどっぷり引き込まれました。AVアンプは古いままなので次世代フォーマットとは無縁ですが、やはりドルビーデジタルよりdtsのほうが良いですね。

コメント (0)

2011年12月 1日

PS3の映像出力切り替え

先日、新しいプロジェクターを購入してから、PS3の使い勝手が非常に悪くなってしまいました。

今まではテレビ(古いのでHDMIはありません)はD端子、プロジェクターはコンポーネント端子に繋ぐ必要があったので、その都度PS3のAVマルチ出力ケーブルを繋ぎ替えていました。これはこれでかなり面倒でした。

今度のプロジェクターにはHDMI入力があるので当然それで繋ぐことになります。画質を考えれば他に選択肢はありません。PS3はHDMI端子だけは独立しているので、これだとテレビもプロジェクターも繋ぎっぱなしにでき、最初はとても便利になると期待していました。しかし実際にはかなり面倒なことになりました。

まず、PS3はAVマルチ出力とHDMI出力の同時使用ができません。どちらか一方に切り替えて使うことになります。しかし、切り替えは画面表示(OSD)を見ながら行うので、切り替える前に(使わないほうの)モニタを付けなければならず、とても不便です。

PS3の電源ボタンを5秒押しして起動するとディスプレイ設定が初期化できるので、その方法でやる手もありますが、不便さはあまり変わりません。

また現在のような配線だと、普段テレビで使おうとしてPS3を起動すると、毎回HDMIに切り替えるか訊かれてしまいます。これもかなり鬱陶しいです。HDMIケーブルは抜いておくべきかもしれません。

更に、音声にも問題があります。D端子からHDMIに切り替えると、同時に音声出力もHDMIに切り替わってしまいます。私のように映像はHDMIでプロジェクターに、音声は光ケーブルでAVアンプに繋ぎたい場合、いちいち設定し直さなければなりません。

以上、1台のPS3を2台のモニタで使うのは、かなり不便だということが分かりました。まあ、特殊な環境と言えなくもないので仕方ないですかね。安いBlu-rayプレイヤー(レコーダーじゃなく)でも買ってプロジェクター専用にしたほうが良いのかなと思い始めています。1万円くらいからありますからね。

ちなみに先日PS3のファームウェア 4.0が出ましたが、私はまだ入れていません。このあたりは変わってないですよね?(^^;)


関連リンク
BDプレイヤーの購入を検討 (2012年04月19日)

コメント (0)

2011年11月25日

三菱 LVP-HC3800 その後

19日の日記のその後です。まだ映画を2本見ただけですが、1週間たったのでファーストインプレッションを書いてみたいと思います。

まず画質は、やはり感動的に綺麗ですね。他の機種と比べたわけではありませんが、締まった黒と鮮やかな白が印象的です。ただ、1つ気になることがあります。映像の中の真っ白の部分が動いたり、視聴者(私)がまばたきしたりするタイミングで、RGBの(赤、緑、青の)ノイズが見えることがあります。

調べてみると、これは俗にレインボーノイズと言うらしく、DLPプロジェクターの問題点の1つだそうです。それほど頻繁になるわけではありませんが、気になって意識が(映画の内容から)持って行かれることがあります。そのうち慣れるかもしれませんが・・・。

使い勝手の面でも2点ほど不満があります。まず高位置設置金具を使うと本体のボタンが何も使えなくなってしまうことです。せめて電源ボタンだけでも使えるレイアウトだと良かったんですけどね。調整なんてしなければ電源ボタン以外は使いませんから、いちいちリモコンを準備するのは面倒です。

また、ズームレバーを動かすとレンズが前後に動くのですが、逆にレンズを押してもズームレバーが動いてしまいます。したがって、例えばピントを合わせたりレンズキャップを付けたりするとき注意しないと、ズームレベルが変わってしまうのです。まあ、毎回ズームを設定し直してもそれほど面倒ではありませんが、もう少しレバーを固めにして欲しかったですね。

不満点を中心に書いてしまいましたが、11万円という購入価格を考えればどれも些細なことです。例えばCDが多くの人にとって十分な音質で、それ以上を求める必要がなくなったように、このプロジェクターも私にとって必要十分な画質と言えそうです。これ以上はマニアの領域ですね。


関連リンク
三菱 LVP-HC3800 修理 (2016年08月11日)

コメント (0)

2011年11月23日

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2のBlu-rayを買いました。シリーズ完結編です。


ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 DVD & ブルーレイ セット(3枚組)
前作を見たのは7月なので、今回はかなり細かい展開を覚えていました。でも、ちょっと予想外の結末ですね。日本のマンガみたいに、修行して、強くなって、敵を倒すみたいな、お約束の終わり方で良かったんだけど(^^;) まあ倒すには倒したけど、特に興奮したり感動したりといったシーンもなかったし、物足りなさが残りました。最後の19年後のエピソードは悪くなかったけど、ハリーとマルフォイが和解しているようなシーンが見たかったなぁ。私はそういうのが好みです(笑)

映像は、いつもどおり暗いシーンが多くてあまり楽しめませんでしたが、視聴環境がHDになったので全体的に見やすかったです。目が疲れませんでした。

音声は、ドルビーデジタル 5.1ch.の日本語吹き替えで視聴しましたが、こちらは包囲感が良くて楽しめました。でも、全体的に静かなシーンが多いですね。

思えば、この作品の1作目を見たのは、ちょうど私がプロジェクターを買って本格的なホームシアターを始めた頃なんですよね。感想は3作目から書いているわけですが、そういう意味では感慨深いです。

コメント (0)

2011年11月21日

DVDからBlu-rayへ

私が映画などのビデオソフトをよく買うようになってから2回、メディアの世代交代がありました。Laser Disc(以下LD)からDVD、そしてDVDからBlu-ray Disc(以下BD)です。

LDからDVDの時には、好きな映画を意外とたくさんDVDで買い直しました。LDに未来がないことは明らかだったし、プレイヤーが壊れたら終わりだという危機感があったからです。

一方、BDプレイヤー(PS3ですが)を入手したときは、DVDで持っているソフトをBDで買い換えようとは思いませんでした。ディスクサイズが同じDVDなら、将来のプレイヤーでも末永く再生可能だろうと思ったからです。大事なのは内容であって画質は一要素にすぎないし、そもそも同じタイトルのソフトを買うのはお金がもったいないので、絶対にやめようと考えていました。

しかし昨日、初めてフルHDでBDを鑑賞してから、早くもその決意が揺らいでいます(^^;) BDの圧倒的な高画質を目の当たりにしてしまったからです。ソフトも、洋画ならもうDVD並に安くなっているし(特に旧作は2千円以下も多い)好きな作品だけでも少しずつ買い直していこうかなと思い始めています。ああ、物欲は尽きません・・・。

コメント (0)

2011年11月20日

アイ・アム・レジェンド

アイ・アム・レジェンドのBlu-rayを見ました。以前から気になっていた作品ですが、なんとなく手が出せずにいました。


アイ・アム・レジェンド [Blu-ray]
話はかなりショッキングですね。序盤の、廃墟と化したニューヨークの映像は不思議とのどかでもあり、見ていてかなりワクワクしたのですが、中盤以降は重苦しくなってしまいました。最後もちょっと盛り上がりに欠けた印象ですね。まあ、全体的には面白かったけど、物足りなさも残る、という感じでしょうか。

例えば、あのダークシーカーの生態について、もっと掘り下げてみても面白くなったんじゃないですかね。知恵があるように思えるシーンもあったし・・・。生存者との出会いも、もう少しドラマティックな話が作れなかったのかなと感じます。あと、この作品はタイトルで損してますよね(^^;)

ちなみに、このBlu-rayには別エンディングも用意されているようなので、しばらくしたら見てみたいと思います。

なお、昨日の日記で書いたとおり、今回は新しいプロジェクターでの初視聴となりました。ある意味これが私のBlu-ray初体験と言えなくもないですね。映像は文句のつけようがない高画質でした。個人的に、これ以上は必要ないんじゃないかと思えるレベルですね。私は今までDVDで映画を見ることを"視聴"と書いてきましたが、これからは"鑑賞"という言葉を使いたくなりました。

音声はドルビーデジタル 5.1ch.の日本語吹き替えを選びましたが、映像のせいかこちらもいつもより心地よく感じました。旧来のドルビーデジタルなのでダイナミックレンジが狭めで、迫力はもう1つでしたけどね。とはいえ、AVアンプを買い換える予定は今のところありません(^^;)


関連リンク
アイ・アム・レジェンド 別エンディング版 (2012年06月17日)

コメント (0)

ページ: << < 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 >>